第92回 兵庫のシンデレラボーイ!報徳を追い詰めた167センチの剛腕・山本拓実(市立西宮)2017年07月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ここまでのプロセスはまさに今年の兵庫のシンデレラボーイ!
[2]フォーム一連の流れは右投手では現在のNPBで最も低いあの投手と似ている?

 全国的にも好投手が多い兵庫県。その中で注目度ナンバーワンピッチャー・山本 拓実市立西宮)だ。167センチの小柄から投げ込む直球の最速は147キロ。今年の春季大会で報徳学園相手に、1対2と接戦を演じ、大きく話題となった。

 そしてその力強い投球ぶりに、NPBスカウトは熱視線。25日、ほっともっとフィールドで報徳学園との再戦が実現。この試合でも多くのNPBのスカウトが山本を見守っていた。野球ファンの方ならば、ご存知かもしれないが、小柄な右投手は敬遠されやすい。それでもなおNPBのスカウトから注目される理由、選抜4強・報徳学園を8回一死まで無失点に抑える快投を見せた理由を紐解いていきたい。

ここまでのプロセスはまさに今年の兵庫のシンデレラボーイ!


山本拓実(市立西宮)

 今年の兵庫のシンデレラボーイだ。昨秋、山本は阪神地区の敗者復活戦で敗れて県大会出場を逃している。秋の大会が本格化するのは9月から。注目度が高まり、報道量も多くなる県大会前に敗れているのだから、山本の名前が挙がってこないはずである。

 秋、県大会に進めなかったチームのエースが、春に突如、県大会ベスト8まで勝ち進み、選抜4強の報徳学園に2失点の力投を見せ、さらに145キロの速球を投げ込むまでの投手に成長していたのだ。ワクワクするような活躍はまだ続く。山本の噂を聞いた、大阪桐蔭・西谷浩一監督が、市立西宮の吉田俊介監督に申し込んで6月に練習試合が実現。山本は強打の大阪桐蔭相手に7回まで3失点の好投。さらに最速146キロを計測し、山本の評判は日増しに上がり、兵庫どころか、全国的にも注目される投手となっていた。

昨年の市立尼崎に続く、公立校からの2年連続の夏の甲子園出場は、山本 拓実の右腕にかかっていた。

 さて評価されにくい小柄の投手である山本がなぜNPBのスカウトから注目を浴びる投手なのか。それを技術的に解明していきたい。山本はただ速いだけではない。打者を圧倒するようなボリューム溢れるストレートを投げることができるのだ。そこがスカウトを惹きつける要素となっているのだろう。回転数が非常に高く、手元で思わず差し込まれるような威力抜群のストレートは、180センチの投手が投げる140キロ台のストレートと比較しても遜色がない。そのストレートを「打てるもんなら打ってみろ」と言わんばかりに強気に投げ込んでくる。それもまた魅力的だ。

 25日の報徳学園戦では、毎イニング、140キロ前後、最速142キロを10球程計測。偵察隊のガンでも、常時140キロ~145キロ、最速148キロを計測するなど、威力十分の投球。コンスタントに140キロ台の速球を投げられるのは、全身が連動された投球フォームにある。

【次のページ】 フォーム一連の流れは右投手では現在のNPBで最も低いあの投手と似ている?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1017回 激戦区・兵庫県の雄・市立西宮(兵庫)。3度の甲子園出場の歴史持つ、学業と両立するチームの強さの秘密【野球部訪問】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第90回 強竜復権へ!竜の黄金世代の小さな巨人・山本拓実(中日ドラゴンズ)【高校野球コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
市立西宮vs甲南【兵庫県 2019年春の大会 平成31年度春季兵庫県高校野球大会】
市立西宮vs宝塚西【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
報徳学園vs市立西宮【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
市立西宮vs伊川谷北【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
市立西宮vs長田【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
山本 拓実(市立西宮) 【選手名鑑】
市立西宮 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム