第72回 ドラフト1位指名の4投手の甲子園成績から考える その投手の長所とは?2016年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から藤平 尚真(横浜)、今井 達也(作新学院)、寺島 成輝(履正社)、堀 瑞輝(広島新庄)

成績から見える選手の長所とは?

今回、ドラフト1位指名選手を受けた高校生は 今井 達也藤平 尚真寺島 成輝堀 瑞輝の4名だ。彼らの甲子園の成績を調べると長所や不安要素が見えてきた。4名の成績を記載しながら考えていきたい。

今井 達也 ※関連記事
投球回41 被安打29 奪三振44 四球13 死球4 自責点5 防御率1.10。

今井の成績を見ると、奪三振が非常に多い。今井の1試合あたりの奪三振率を見ると、9.65と三振が奪える投手であることが分かる。気になるのは四死球が多いこと。計17個というのは、1試合あたり3.73個となり、1試合で約4つという計算となる。しかしもともと四球がかなり多く、それによりこれまで登板機会が少なかった投手でもあるので、よくここまで改善できたという見方もできる。

 それでも甲子園期間中、大きく乱れることなく、防御率1.10で終えたのは高く評価できる。四死球率だけ見ると、今井は制球力が課題だとみていい。プロの環境で、四球をあまり出さない投手に成長することができるか注目をしていきたい。

藤平 尚真 ※関連記事
投球回13 被安打10 奪三振20 四球5 死球0 自責点1 防御率0.69

藤平の長所は三振が奪えること。奪三振率13.84は、4人の中で一番の数字。140キロ後半のストレート、スライダー、フォーク、シンカーと1つ1つの精度が高いので、三振が奪える。ただビハインドになると四球が多くなる傾向にあり、13イニングで5四球はやや多い。それでも好調時は、ストレート、変化球のコントロールも安定しているので、いかに調子の波を少なくすることができるかが課題だろう。

寺島 成輝 ※関連記事
投球回25.2 被安打10 奪三振22 四球7  死球1 自責点4 防御率1.05

寺島は大会中、ストレートの走りがいまいちだったこともあり、奪三振率7.92とあまり高くない。それでも防御率1.05にまとめたのはさすが。好不調関係なく最低限のピッチングができるのが寺島の強みだろう。プロではこれまで同様、勝てる投手となって、東京ヤクルトのエースになることを期待したい。

堀 瑞輝 ※関連記事
投球回30 被安打16 奪三振19 四球3 死球1 自責点4  防御率1.20

堀の最大の長所はコントロール。登板を重ねるごとによくなった投手で、関東一戦の後の2試合は無四球だった。四死球率1.20は4投手の中では一番。コントロールの良い左腕は評価される傾向にあるが、改めて数字面で制球力の高さを印象付けた。その後、堀はU-18大会では優勝に貢献し、国体でも150キロ近い速球で奪三振を積み重ねた。外れ1位ではあるが、4投手の中で最も内容のあるピッチングを見せたのは堀ではないだろうか。

(文・河嶋 宗一

注目記事
【プロ野球ドラフト会議2016特設サイト】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第969回 広陵が一歩リードする状況 中国大会への出場権3枠を掴むのはどこだ?【秋季広島県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1033回 静かに剣を研ぐ伸び盛りの2年生 作新学院・横山陽樹が実践力の高さをアピール 【2019年インタビュー】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
藤平 尚真(横浜) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム