第70回 厳しい競争を勝ち抜いた高卒1位、2位の選手は、真のスター、エリート候補生だ!2016年10月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]プロ野球ファンを興奮させる選手は高卒1位、2位指名選手が多い
[2]次世代を担う高卒1位、2位指名選手は?

プロ野球ファンを興奮させる選手は高卒1位、2位指名選手が多い

大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)

 今、大谷 翔平(北海道日本ハムファイターズ)、山田 哲人(東京ヤクルトスワローズ)、筒香 嘉智(横浜DeNAベイスターズ)といったスター選手たちがプロを席捲しているが、やはり顔ぶれを見ると、高卒ドラフト1位、ドラフト2位の選手が多い。プロ野球は高卒、大卒、社会人、独立など様々な経歴を持った選手がしのぎを削っている。

 結果的にどのカテゴリーの選手が苦労するかといえば高卒である。なぜかといえば、即戦力として期待される大卒、社会人選手と競争するのだから、将来性を期待されているとはいえ、競争に負けて、早くして球界を去る選手も多い。高卒からのスター選手はロマンがあるが、当たるのは難しいのだ。

 そういう選手たちと混じっても、存在感を示し、ファンに大きな印象を与える高卒ドラフト1位、2位の選手は、まず即戦力の大学、社会人の選手と比較されながらも上位24名の中に入り、そしてプロの舞台で、先輩選手の競争を勝ち抜き、主力選手の座をつかむ。やはり真のエリートであり、スターといってもいいのだ。

 過去を振り返ると、投手でいえば、松坂 大輔ダルビッシュ 有田中 将大、そして今を時めく大谷 翔平もドラフト1位。野手でいえば、松井 秀喜、城島 健司と海を渡った選手も高卒ドラフト1位だった。

 もう一度、今年のタイトルホルダーを見ると、高卒選手が多い。

■タイトルを獲得した高卒選手

セ・リーグ 本塁打王・打点王 筒香 嘉智 ※関連記事
      首位打者 坂本 勇人 ※関連記事
      盗塁王 山田 哲人(2年連続トリプルスリー)※関連記事
パ・リーグ 打点王 中田 翔 ※関連記事
最多勝率 千賀 滉大 ※関連記事

 こうしてみると打撃のタイトルは高卒選手が多く、ほとんどが1位、2位以内に指名されている。野手のスターは高卒選手から生まれるといっていいかもしれない。

 さらに打率2位の鈴木 誠也、パ・リーグ打率2位の西川 遥輝はドラフト2位、パ・リーグ防御率2位の菊池 雄星はドラフト1位、リーグ2位となる14勝を上げた武田 翔太はドラフト1位、パリーグ3位の30セーブをあげた松井 裕樹もドラフト1位。顔ぶれを見るとタイトル争いの上位に入っている選手は高卒の若手選手が多い。彼らも最初はプロの壁に苦しみ、着実に実力を身に付けて、一流のステータスに立った選手たちだ。

 この流れが続くと、高卒1位、2位の選手たちはより注目される流れとなっていくはず。

【次のページ】 次世代を担う高卒1位、2位指名選手は?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第648回 「女子野球に新しい風を吹かせたい」模索を続ける履正社女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第646回 日替わりヒロインで快進撃を見せた履正社女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第71回 「使ってもらえるありがたみや喜びを感じて投げてほしい」 恩師が語る田口麗斗(読売ジャイアンツ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第70回 「技術的には言うことがなかった」 恩師が語る田口麗斗(読売ジャイアンツ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs拓大紅陵【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
山梨学院vs花咲徳栄【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
岡本 和真(智辯学園) 【選手名鑑】
小笠原 慎之介(東海大相模) 【選手名鑑】
オコエ 瑠偉(関東一) 【選手名鑑】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
高橋 昂也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
武田 翔太(徳島商) 【選手名鑑】
武田 翔太(宮崎日大) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
西川 遥輝(智辯和歌山) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
藤平 尚真(横浜) 【選手名鑑】
古谷 優人(江陵) 【選手名鑑】
堀 瑞輝(広島新庄) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム