殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第90回 勝つためのリカバリー戦略その2  実践編2014年07月31日

【目次】
[1]オーバーユースからの回復のために
[2]メンタルストレスリカバリー
[3]積極的休養法

 前回から引き続き「戦略的リカバリー」について考えてみましょう。

 甲子園出場、おめでとうございます!!次は甲子園本大会に向けて、いかに予選の疲労をとり、ベストコンディショニングで挑めるかが、勝利の鍵になると思います。

 そこで、今回は選手のオーバーワークの状態を紹介して、そこからのリカバリーの方法を2回にわたり紹介していこうと思います!!

 1.身体の片側の痛み
 2.筋の中央でなく関節に近い所の痛み
 3.毎日ある痛み
 4.トレーニング中に大きくなる痛み
 5.日ごとに大きくなる痛み
 6.スポーツフォーム(メカニズム)からくる痛み
 7.局所的な痛み

 アスリートは、トレーニング効果を獲得するために身体に負荷をかけて、超回復をします。このリカバリーの期間に1から7のようなサインを身体が感じたら注意してください。

【オーバーユースからの回復のために】

 最後の夏を迎えるにあたって、もっとも注意するべきことはチームから離脱することです。

真夏日の練習

 筋力は2~3週間で落ちてしまいます。筋持久や心肺機能は1ヶ月経ってもそれほど低下する事はありません。つまり、野球のような速筋系のスポーツは週間以上の離脱はパフォーマンスの低下につながる可能性が出てきます。ですのでオーバーユースの兆候である1から7のサインが出たら、練習をストップすることが懸命だと考えられます。

 オーバーユース傷害からの復帰の日数は、部位などで違ってきます。軟部組織の炎症ならリカバリーも速いですが、疲労骨折なら数ヶ月が必要になります。オーバーユース傷害は、身体のバランスの崩れとトレーニングと休息のバランスの崩れが、引き金になります。

このページのトップへ

【次のページ】 メンタルストレスリカバリー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第207回 体幹の役割としなやかな動作【セルフコンディショニングのススメ】
第206回 肩の機能解剖 ゼロポジションとスキャプラプレーン【セルフコンディショニングのススメ】
第205回 現状を把握するための体力測定【セルフコンディショニングのススメ】
第21回 四国高校・独立&中国大学・社会人ドラフト指名5人衆【四国発】
第20回 「チャンスは四国にある」セカンドステージへの挑戦【四国発】
第739回 新田 大輔(徳島インディゴソックス)「学び」を重ね「NPBに入る」 【2018年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第668回 徳島インディゴソックス・鎌田 光津希独占インタビュー「全ての経験をプラスに変えて」 【2018年インタビュー】
第664回 徳島インディゴソックス・岸 潤一郎 独占インタビュー 僕が徳島で「プレイ」する理由 【2018年インタビュー】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

殖栗正登先生
殖栗正登先生
  • (有)ベースボールトレーナーズ
    -高知ファイティングドッグス
    -伊予銀行女子ソフトボールボール部
    -愛媛県国体トレーナー
    -徳島インディゴソックス
     インディゴコンディショニングハウス
  • 柔道整復師
  • アメリカストレングス&コンディショニング協会公認
    ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
  • 日本体育協会公認スポーツプログラマー
  • 日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者
  • FMS
  • SFMA
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 殖栗正登facebook

殖栗正登のイップス克服プログラム

殖栗正登のバランス野球学
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム