第84回 足裏のトレーニング&走力向上ドリル Part3 2013年09月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
Player's Voice

 こんにちは。四国独立リーグ、高知ファイティングドッグス、トレーナーの殖栗 正登です。今回も前回に引き続き、走力を高めるドリルを四国独立リーグ盗塁王(8/17現在)の村上 祐基選手と共に紹介していこうと思います。

マーカードリル


・70、80、100cmと順に間を広げていく
・脚の入れ替えを意識
・地面に力を加える、真下に力を加える
・人間のピッチは1秒間に4~5回なので、ストライドを伸ばすことが大切
・助走(10~20m)を付けながら、200cmを跨ぐことを目標にする
・前に弾む意識を持つ

ニータッチドリル



【次のページ】 足裏のトレーニング&走力向上ドリル Part2 (2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第133回 バッティングメカニズムvol.1 バッティングは3つの回転軸で成り立っている!【殖栗正登のベースボールトレーニング&リコンディショニング】
第7回 しっかりひっかくことができたら後は「ポン」【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第6回 引っ掻いて、丸描いて、ポン投げの「丸描いて」の部分は耳の裏で描く!【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第5回 155キロプロジェクト第5弾!選手がスキル化していることをフォームに落とし込む【殖栗正登による155キロプロジェクト】
第252回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.3 【2015年インタビュー】
第251回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.2 【2015年インタビュー】
第250回 徳島インディゴソックス・入野 貴大投手&殖栗 正登トレーナー 対談 Vol.1 【2015年インタビュー】
第34回 ボディバランス整体院 院長 殖栗 正登先生 【2009年インタビュー】

コメントを投稿する

プロフィール

殖栗正登先生
殖栗正登先生
  • (有)ベースボールトレーナーズ
    -高知ファイティングドッグス
    -伊予銀行女子ソフトボールボール部
    -愛媛県国体トレーナー
    -徳島インディゴソックス
     インディゴコンディショニングハウス
  • 柔道整復師
  • アメリカストレングス&コンディショニング協会公認
    ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
  • 日本体育協会公認スポーツプログラマー
  • 日本トレーニング指導者協会トレーニング指導者
  • FMS
  • SFMA
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中
  • 殖栗正登facebook

殖栗正登のイップス克服プログラム

殖栗正登のバランス野球学
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム