みちのく便り~心の高校野球~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第4回 花巻東・佐藤涼平の高校野球(中)2010年02月13日

 第4回高橋昌江コラム「みちのく便り」は、3日連続の特別企画でお贈りしています。
昨年の夏の甲子園大会で花巻東の二番打者として活躍した佐藤 涼平選手をフォーカス。
佐藤選手にとっての高校野球を特集します。
二日目の本日(13日)は佐藤涼平選手のカット打法が生まれた時から昨年の夏までを振り返ります。
佐藤涼平君の高校野球で生き残ろうと必死に戦った3年間が、高校野球で生きる希望をなくしている選手に届けば幸いです。
スタッフ一同、誰か1人でもいいので、彼の言葉から勇気をもらい、高校野球をがんばってほしいと思います。

6:カット打法が生まれた時

【09年甲子園大会にて】(写真:宮坂由香)

1つ上の先輩が県大会で敗れ、“自分たちの代”がやってきた。チームは最初、神宮大会出場が目標だった。
「神宮大会に出る=センバツ行ける。だったら神宮を目指そうって。神宮大会=東北大会優勝じゃないですか。そうすれば甲子園も決まりだしということで練習しました。でも、東北大会で負けてしまったんです」

東北大会は準決勝で光星学院(青森)に敗れた。その直後、転機が訪れる。
「何をしていいかわからず、どうしていいか悩んだ時期がありました。東北大会で負けた後、『自分、何も出来なかった。このままじゃ、来年は試合に出られないぞ』って。
どうしようって思っていた時に監督さんに呼ばれて。『県内、または全国一嫌がられるバッターになれ』って言われました。その時にファウル打ちのことを言われて。『狙ってファウルを打って球数を投げさせて、フォアボールで出てもおまえはヒットなんだぞ』と。

その後、コーチの方にずっと付きっきりで指導してもらって。最初は、まだ大会終わった後で練習試合ができる日にちだったので練習試合とかやったんですけど、何回やっても絶対にファウル、打てなかったです。『2ストライクまで振るな。そこから粘る練習をしろ』って言われていたんですけど、全然、バットがボールに当たらないんですよ」

 指示を受けたはいいが、どうにもこうにも当たらない。
「狙ってファウルを打つ」。
その意味を頭では理解していた。だが、実際にやるのは困難だった。2ストライクからファウルを狙って打つわけだから、当たらなければ、当然、三振の山を築いた。

「1日に2試合あって、だいたい、7打席か8打席ぐらい回ってきたんですけど、6三振とかの時あったんです。もう、しこたま怒られて。どうなってんだ!?みたいな。やー、全然できないと思って。練習してんのに、全然できないと思って。ずっと練習して、冬場もずっとそういった練習を。バッティングで(ヒットを)打つよりも、ファウルを打つ練習ばっかりして。春にやっとこう、少しずつできるようになってきたんですけど、まだ、どうすればファウルが打てるってかまではたどり着かなかったんですよ」

そんな試行錯誤中、吉報が届く。花巻東として初のセンバツ出場。
完成されていないが、それで試合に挑まなければならない。試合は確実に近づいていた。完成されていなかったが、最も球数を投げさせたのは、センバツで関西に行ったときの練習試合だった。相手投手に15球、投げさせた。
「センバツで粘ってフォアボールで出たのは1試合、初戦の鵡川戦の1回だけで、それ意外はずっと粘れない状態でした。それが終わってからやっぱり、出来なきゃダメだなと思って。春は一応、打率はそこそこだったんですけど、自分はそういうバッターじゃなかったので、それは、ただ単にまぐれだと思いました。自分の仕事をしなきゃいけないって考えたときに、センバツの反省は全然粘れなかったこと。終わってからの練習試合ではファウルで粘るのはかなり意識してやっていましたね」

このページのトップへ

【次のページ】 練習、練習

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム