みちのく便り~心の高校野球~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 光星学院・下沖勇樹2009年11月05日

 人生でこんなにも不安に駆られることはそうないだろう。アマチュア野球選手がプロ野球選手になれるかどうか、その人生の分かれ道となるのが、「運命の日」といわれるドラフト会議である。

 青森県八戸市にも不安いっぱいにその日を待つ高校球児がいた。

光星学院 ・下沖勇樹。最速148キロのストレートにスライダー、シュート、チェンジアップ、フォークを投げる。フィールディングやけん制も上手く、何より、負けん気に満ちたマウンド度胸がいいらしい。

 岩手県二戸市で育った下沖。中央小4年の時、堀野ボーイズで野球を始めた。ボーイズといっても、関西で発祥した硬式野球のボーイズリーグではなく、軟式野球である。進んだ福岡中でも軟式野球部に所属した。1、2年は県大会で3位。3年時には全中で日本一になった。そんな大きな看板を背負っていても、「軟式だし、ほんと、部活で全然厳しくなかった」と笑う。

だが、この全国制覇が下沖に「プロ野球選手に“なるんだ”」と思わせた。それまでは「プロ野球選手に“なりたい”」憧れ。それが、「なる」という目標に変わった。そうなると、高校選びには相当頭を悩ませたようだ。

中学の仲間は地元・ 福岡高 に進む。 福岡高 は岩手県内最多の甲子園出場回数10回を誇るが、昭和60年夏以降の出場はなく「古豪」と呼ばれる。その 福岡高 でみんなと一緒に野球をやるか、甲子園に出てプロ野球選手という夢をとるか。

直前まで迷ったが、15歳の下沖は甲子園に出てプロ野球選手という夢を選択した。仲間に伝える時はそうとうドキドキしただろう。仲間だって、驚いたはずだ。光星学院の入寮の日、早朝5時半。下沖に知らされていなかったが、中学の仲間は自宅に見送りに来てくれた。感動の涙と共に、いざ、青森の光星学院へ。といっても、八戸と二戸はお隣。新幹線だと10分ちょっと。車では1時間くらいだ。

 部活動の中学野球だった下沖にとって、強豪・光星の野球は厳しかった。練習時間・質・量。加えて、容赦ない指導者からのゲキ。「はじめは辛かった」と漏らす。

だが、1年春から実力を発揮した。4月の室岡杯1回戦でノーヒットノーラン(5回コールド)をやってのけたのだ。決勝では 工大一高 に4回4失点だったが、上々の高校野球デビュー。しかし、目標の甲子園には遠い。聖地を踏めぬまま、2年の夏が終わった。気付けば、自分たちの代。キャプテンになった。その秋、春のセンバツ出場をかけた東北大会準決勝で 花巻東 と戦った。中学時代、シニアで活躍した菊池雄星と軟式で活躍した下沖勇樹。岩手が生んだ、左右の豪腕が激突。軍配は下沖、光星学院にあがった。

決勝を制した光星学院。1月、センバツ出場の吉報が届いた。3月、センバツ。初めての甲子園球場。「覚えてないですね。緊張して、舞い上がって。負けたのしか、覚えてないです」。3月21日、 今治西 にサヨナラ負け。1回戦で敗退した。夏、もう一度帰ってくることを誓い、土は持ち帰らなかった。 

青森に帰り、ラストスパート。夏に向けて練習を積んだ。ゴールデンウィーク。3年前、一緒に全国制覇を成し遂げたメンバーがいる 福岡高 と練習試合があった。「気合いが入った」その試合で、自己最速となる148キロをマークした。

 7月12日、高校野球の集大成を存分に発揮する、青森県大会が開幕した。
 しかし、わずか12日後の7月24日。
 「正直、負けると思っていなかった。余裕とか甘さがあったと思う」

 高校野球の終わりは突然だった。 野辺地西 に延長の末、敗れた。
 「負けたのに、負けたと思わなかった。明日も試合がある気がして」
 試合後の下沖は、まさに号泣。仲間に支えられて球場を後にしたという。
「泣きました。今まで泣いたことないくらい、泣きました」
一週間、立ち直ることができなかった。それでも、気持ちを整理。

「この経験を生かすために上でやろう。この経験は上で生きてくる」
金沢成奉監督はいう。「この夏はまさかの敗退。これが、今後の社会に向けてどう作用するか。いい経験、プラスになるようにしないといけないんでね。ホームスチールされたり、予想していないことをやられて、野球の怖さを知った。(監督自身)初めての経験やから、子どもらは想像もつかない負けだったでしょう。でも、成功する人っていうのは、失敗を生かすでしょ。成功しない人間は生かさない。挫折は必ず、その後の人生に左右する。人々の考え方一つ。成功するのには、大きな財産で、成功しない人生なら、ただの挫折です」。

  18歳の誕生日、9月8日付けでプロ志望届けを提出。ドラフトの10月29日を待った。

10月28日、ドラフトの前日。翌日に備えて散髪に行った後、グランドで練習をした。「緊張はないですね。不安です。指名されるか、指名されないか、不安です」。ボールを握っていないと、体を動かしていないと、不安だった。寒い八戸の夜。ブルペンで大粒の汗を流した。

10月29日、学校に着くと、急に緊張した。不安と緊張の中、授業を受けた。緊張の面持ちでドラフト会議の様子を見るテレビがある、図書室へ入った。何度も手の汗を制服のズボンで拭き、何度も何度も後ろで見守る同級生の野球部員へ目をやった。16時。ドラフトが始まる。1巡目は 花巻東 ・菊池の指名で沸いた。それから1時間後の17時20分頃。ソフトバンクから3巡目で指名を受けた。名前をコールされた瞬間、驚いた。「ない」と思っていたからだ。だが、テレビ画面をジッと見て、確かめると、瞬く間に安堵の表情になり、下沖スマイルが全開した。

「予想外、予想外」

そう言って、胸が高鳴ったまま、記者会見をする部屋へ移動し、記者会見に臨んだ。

 2日間の不安と緊張から解かれた下沖。「嬉しいですし、ホッとした気分です」。プロ野球への憧れはあるが、実際、どういうことをしているのか想像がつかないという。それでも、「これからが大事。今以上にこれからの時間を大切にしたい。子どもたちに夢を与えられる選手になりたい」と決意を述べた。硬式球を握って3年。軟式球児の目標や希望、指針になる選手になってほしい。

「予想外」だったし、3巡目ということで「自分の中では全然いい(順位)。もっと下だと思っていたので、本当に嬉しい」という高評価。それでも、下沖には見えていた。「紙を書いているとき、“樹”みたいのが見えて、同じ名前(漢字)の人がいるんだ、と思っていたんです。(沖の)サンズイとかあって、『一緒の名前の人いるんだ』って」。その直後、「下沖勇樹」がコールされた。いろんなことが重なった、驚きいっぱいの指名だった。

花巻東 ・菊池は西武から指名を受け、同じパ・リーグに呼ばれた。“再戦”もあり得る。「また同じ舞台で勝負できる。ワクワクする。早く1軍に上がって投げあいたい」。みちのくでしのぎを削ったライバルと、舞台をプロ野球、パ・リーグに移して再び投げ合うチャンスがある。

 センバツ以前は下沖も菊池も話題の差はほとんどなかった。しかし、センバツで印象を強め、準優勝という結果を残した菊池。10年、20年に一度の逸材といわれ、日本のプロ野球だけでなく、メジャーリーグからも注目を集めた。下沖は言う。

「(菊地は)自分の中では一番のライバル。でも、あいつの中ではもう、そうじゃない」。けれども、それを妬まない。むしろ、人の活躍を喜べる。

ドラフト前日。高校球児のプロ志望届け提出者一覧を見ながら、「この庄子(隼人、 常葉学園橘高 )って、中学ん時に見たんですけど、えぐかったんすよ。あと、この陽川(尚将、 金光大阪高 )はいとこで」と楽しそうに話していた。まるで、昔の卒業アルバムを見せてくれているかのように。そして、菊池については下沖自らが切り出した。憧れの選手を語ってくれた時だ。「ダルビッシュさんは見た感じからオーラがあるんですよ。野球でも見た目からもオーラのある選手になりたいんです。雄星はオーラがあるんですよ」。人の実力に嫉妬はしない。その雄星は即戦力としての期待を背負ってプロの門を叩く。「あいつはすぐ投げると思うけど、自分はわからない。早く1軍に上がれるように努力したい。雄星からは見習うこところがある。野球以外もきちっとしていて。尊敬しているところがある」。ライバルを認める。だが、きっぱりと言った。「いつか、抜きたいと思っている」。気付いた時には、すでに先を行っていたライバル。今度はプロの世界で抜き返してみせることを誓った。

 下沖が指名された球団は「福岡ソフトバンクホークス」。いわずと知れた、九州は福岡県に本拠地を置く球団だ。全国制覇をした中学は「福岡中」。高校の最速を出した相手は「福岡高」。そして、ドラフト指名されたのは「“福岡”ソフトバンクホークス」。

高校進学に迷った下沖は巡り巡って「福岡」に導かれた。ちなみに、岩手の 福岡高 は「HOKUOKA」と日本式ローマ字で表記されており、ユニフォームなどは「H」一字で表されている。ソフトバンクは「FUKUOKA」。

思わず、聞いてみたくなった。

―「福岡」に縁を感じるか。質問の意味を理解するのに、ちょっと時間がかかったが、下沖は「気づかなかったです。でも、そういわれると、そうなので、縁があるのかなと思います」と答えた。そして、故郷・二戸の福岡へのメッセージを口にした。「今まで応援してくれてありがとうございました。これからも応援してください」。東北の岩手から九州の福岡は遠い。まだ福岡県へ行ったことはないけれど、慣れ親しんだ「福岡」だけに、まず地名には馴染めそうだ。

 家族への思いも忘れなかった。「今まで野球をやらせてくれたお礼を言いたい。『ありがとう』って言いたいです。今まで言ったこと? ないです。恥ずかしいっすけど、これは言いたい。言わなきゃ、スッキリしないので」と言って、会見後、実家へ電話をかけた。母・礼子さんが出た。「泣いていました。お母さん。『本当におめでとう』って言われて。(指名は)いろんな人から電話が来て(知ったようだ)」。

 「ありがとう」は言えなかった。「泣いていたんで、ビックリして。『指名されたよ』って言ったら泣きながら『本当におめでとう』って。(母が泣いているの)見たことないです。感動したっていうか、心に響きました」。寮に帰ったらもう一度、電話をかけると言った。自分の部屋で落ち着いた頃、ゆっくり、家族と電話で喜び、そして、「ありがとう」を伝えたはずだ。

ドラフトの不安が終わったと思ったら、すぐ、プロ野球界への希望と不安が湧き出てくる。ドラフト前日、「(プロは)試合しか観たことないので、どんなことをしているかとかイメージが沸かないんですよね。昔もただ観ていただけで」と話していた。そんなこと、12球団まちまちだし、周りにはプロの先輩がたくさんいる。大事なことは、心構え。

「子どもに夢を与えられる選手になりたい」
「負けず嫌いなので、プロに行っても誰にも負けない気持ちでやっていきたい」
「夏の大会で野球の怖さを知ったので、苦い失敗を上の世界で取り戻したい」

プロで大成するには相当の努力がいるだろうし、様々な境遇が待ち構えているだろうけど、「雄星を追い抜くこと」、「家族への思い」、「この日の決意」、こういったことが支えになるはずだ。

誰に聞いても「ヤンチャ」と言われる下沖。だから、ツンケンしたところがあるかと思っていたが、そうではなかった。実力に驕ることはない。相手を認めることも出来る。取材慣れしていて、受け答えははっきり出来る。なにより、野球が大好き。でも、まだまだ写真写りも気にする高校3年生、18歳。多くの人がそうだけど、素直になりきれない時がある。「光星に来て、人間的に成長したと思うんです。礼儀を知らなかったんですよ。挨拶とか、社会で通用する人間になれたと思います」。他人には言えるけど、まだ、それを指導してくれた、部長や監督、コーチに伝えられていない。家族には伝えることが出来た感謝を、今度は、高校で指導をしてくれた指導者に伝えることができるだろうか。それが出来たとき、本当の「プロ野球選手」下沖勇樹が誕生するはずだ。

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第49回 八戸学院光星と青森山田が競いながら全体のレベル向上【青森・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第23回 坂本 勇人選手(光星学院-読売ジャイアンツ)「アイツの負けず嫌いがプロの世界で生きた」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第22回 北條 史也選手(光星学院-阪神タイガース)「低評価を覆し、バネにできるのが北條の強み」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第152回 読売巨人軍 坂本勇人 選手 【2013年インタビュー】
大阪桐蔭vs光星学院【2012年 第67回ぎふ清流国体】
光星学院vs聖愛【青森県 2012年秋の大会 秋季青森県高校野球大会】
大阪桐蔭vs光星学院【第94回全国高校野球選手権大会】
大阪桐蔭vs光星学院【第94回全国高校野球選手権大会】
光星学院vs東海大甲府【第94回全国高校野球選手権大会】
第45回 福岡ソフトバンクホークス 下沖 勇樹選手 【2010年インタビュー】
下沖 勇樹(光星学院) 【選手名鑑】
光星学院 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム