みちのく便り~心の高校野球~

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第3回 花巻東・佐藤涼平の高校野球(上)2010年02月12日

 1月中旬の岩手県花巻市。新たなステージに心を燃やし、黙々と木製バットを振る佐藤涼平がいた。
花巻から3時間はかかる実家の宮古市には帰らず、大学の入寮の時を花巻で待つという。授業がない入試期間でも、後輩と一緒に汗を流していた。
昨秋、高校野球の取材をしていると、「花巻東の佐藤涼平選手を意識している」という選手が数名いた。楽天イーグルスの前監督・野村克也氏が「花巻東にちっちゃいのがおるやろ。どんなボールでもファウルにして、四球で出塁する」と言い、そのプレーを絶賛したこともある。

全力でプレーする花巻東ナインの中にあって、周りより頭1つ小さい彼の全力は見る者を惹きつけた。ファウルで粘り、出塁する。その技術はもちろん、その一生懸命な姿が感動を呼び、多大な影響を与えた。

そんな彼のことは、各方面でいろいろと伝えられている。病弱だったこと。お父さんが亡くなっていること。身長が155㎝なこと。入学して間もなく、佐々木洋監督から「身長は長所だ」と言われたこと。カット打法を身につけたこと。日体大に進学し、将来は指導者を目指すこと…。彼は、ヒットを打ちたくはなかったのだろうか?どうやってカット打法を身につけて、本当に身長を長所に変えたのだろうか?そこに、どんな意味があったのだろうか?はじめから、全力で一生懸命プレーできたのだろうか?どんな3年間を送り、卒業の時を待っているのだろうか?

私なりに聞いてみたい。その気持ちだけを持って、雪降る花巻に向かったのだった。

【次のページ】 教室での学び

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1015回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第592回 花巻東の伝統を守り、秋から磨いた強打で2年連続の聖地へ 花巻東(岩手)【野球部訪問】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第933回 花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】【大会展望・総括コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第25回 専大北上(岩手)「岩手のライバル撃破へ 技術・取り組み・私生活を大事に!」【冬が僕らを強くする2019】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
花巻東vs盛岡大附【岩手県 2018年夏の大会 第100回選手権岩手大会】
関東一vs花巻東【2018年 練習試合(交流試合)・春】
花巻東vs関東一【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
佐藤 涼平(花巻東) 【選手名鑑】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

高橋昌江
高橋 昌江
  • ■ 生年月日:1987年3月7日
  • ■ 出身地:宮城県栗原市(旧若柳町)
  • ■ 宮城県仙台市在住のフリーライター
    少年野球からプロ野球まで幅広く“野球”を取材し、多方面に寄稿している。
  • ■ 中学校からソフトボールを始め、大学2年までプレーヤー。大学3年からはソフトボール部と新聞部を兼部し、学生記者として取材経験を重ねる。
    ソフトボールではベンチ入りはできなかったものの、1年と4年の2回、全日本大学女子ソフトボール選手権大会で優勝を経験した。
    新聞部では何でも取材したが、特に硬式野球部の取材をメインに行っていた。最後は明治神宮大会準優勝を見届けた。
  • ■ ソフトボール部の活動から得た「人間性、人間力」を軸に「どう生きるか」を考えている。
  • ■ 野球が好きというよりは、野球の監督・コーチ・選手・関係者と話しをして、聴いたこと、感じたことを書いて伝えることが好き。“野球”については、常に勉強中。
  • ■ 【言葉には、力がある】が信念
  • ■ 取材時の持ち物は「気持ち、熱意、真心、笑顔」。
  • ■ 愛読書はデール・カーネギー『人を動かす』など自己啓発系が多い。
  • ■ 『高校野球ドットコム』にて「みとのく便り~心の高校野球~」好評連載中!!
  • ■ ブログ:「今日も青空の下で、笑顔を咲かせる」(高橋昌江オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラム「みちのく便り~心の高校野球~」
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム