高校野球の歩き方

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第1回 西条vs報徳学園 その他3試合2009年07月04日

高校野球観戦数は年間300試合。
高校野球があるところなら何処へでもいってしまう高校野球パッカー・松倉雄太が練習試合のレポートや注目選手を紹介する松倉雄太の「高校野球の歩き方」
第1回はこのへんで。

【今回の注目選手】
秋山拓巳(西条
六信慎吾 (広島新庄
鬼屋敷正人 (近大高専
西田哲郎 (関大一

このページのトップへ


西条3-2報徳学園 5月16日

エース秋山拓巳(3年)が報徳学園との練習試合に先発。選抜ベスト4のチームを相手に、貫禄十分のピッチングを見せた。
「試験勉強で久々の登板だった」と話した秋山。ファウルで粘る報徳打線を相手に、142キロの直球を中心に押した。6回2死から、報徳の3番宮本真吾(3年)に一発を浴びたが、失点はこの1点だけ。7回を投げて5安打10奪三振の内容。

「左肩の開きが早いので」と選抜後にフォーム改造に着手。当初はしっくりこず、5月上旬の四国大会では、満足のいくピッチングができなかった。「ゼロポジションを意識して」と新フォームをものにしてきた今は、直球の最速が147キロまで伸びた。

骨折していた主将の井下真志(3年)も1番打者としてすでに復帰。
最後の夏へ思いを新たに、まずは今週末、熊本で行われる招待試合に臨む。

注目選手:秋山拓巳(西条

 

このページのトップへ


広島新庄8‐1宝塚 5月30日

 市尼崎Gで行われた変則Wヘッダー。
 中国地区屈指の右腕・六信慎吾(3年)は第2試合の宝塚戦に先発。
 中間考査で十分な練習ができていなかったそうだが、130キロ台後半の直球を主体に5回1失点。
 フォームが崩れて初戦敗退した春の県大会の面影はなかった。

 

注目選手:六信慎吾 (広島新庄

 

このページのトップへ


近大高専5‐2近江 5月31日

 中止になった近畿大会の会場である彦根球場の隣に近江高校はある。この日は近大高専との試合。
 春の大会を故障で棒に振ったエース・山下大輔(3年)が先発。昨年のエースだった小熊凌祐(現中日)に似たフォームの山下は、テンポの良いピッチングで7回を2失点。2番手で登板した主将の富尾俊己(3年)とダブルエースで夏3連覇に臨む。

 近大高専は4番で捕手の鬼屋敷正人(3年)がドラフト候補の選手。179センチ82キロの体格、2塁まで1、9秒台の肩の強さに、夏は注目が集まりそう。

注目選手:鬼屋敷正人 (近大高専

 

このページのトップへ


大産大附9‐7関大一 6月3日

 この日は私学大会。17時すぎからナイターで行われた。

 

 関大一の4番・西田哲郎(3年)の視察に、7球団21人のスカウトが集結。
 その西田哲は第1打席、左中間を痛烈なライナーで破る二塁打。しかしその後の3打席は四球。相手バッテリーを萎縮させてしまう威圧感を持ち合わせる西田哲。スカウトのさらに好印象をえた様子だった。

 

注目選手:西田哲郎 (関大一

 

このページのトップへ


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1回 林 優樹(近江) ただ1人の技巧派左腕。分っていても打てない投球術に注目!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs近江【第101回全国高等学校野球選手権大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第1017回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
近江兄弟社vs長浜北星【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
近江vs膳所【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
広陵vs西条農【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第994回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
近江 【高校別データ】
大阪産大附 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
近大高専 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
西条農・今治北大三島 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
宝塚 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

松倉雄太
松倉 雄太
  • 生年月日:1980年
  • 出身地:大阪府堺市
  • ■ 小学校時代は高石リトルリーグでプレーしていたが、中学時代からは野球観戦に没頭。
  • ■ 極端な言い方をすれば、野球を観る為ならば、どこへでも行ってしまう。高校野球を含むアマチュア野球全体では、年間300試合以上を観戦、取材。
  • ■ 2004年からスポーツライターとなって、『ホームラン』(廣済堂出版)、『高校野球ドットコム』、『スポーツナビ』などに寄稿。また、2005年からはABCテレビ『速報甲子園への道』にリサーチャーとして携わる。2007年には『熱闘甲子園』、2008年は『高校野球本大会中継』にも携わる一方、同局データ放送の『今日の見所』の寄稿も行っている。
  • 「高校野球の歩き方」好評連載中!
  • ■ ブログ:「諸国漫遊!?」(松倉雄太オフィシャルブログ)
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

高校野球の歩き方
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム