茨城県内では有数の進学校として知られている下妻一。昨年の秋季大会でベスト4まで勝ち進み、県内でも有数の実力ある公立校として注目を集めている。

 今センバツに向けて茨城県の21世紀枠推薦校にも選出されるなど、一気に注目度が高まっている。春季大会での戦いぶりが気になるところだが、学業にも目を向けていくと、偏差値62を記録する。

 勉強、そして日々の練習とハードスケジュールを過ごす選手たちを代表して、3年生2人から文武両道のコツを聞いた。

柴亮平:正二塁手。秋季大会も主力選手として活躍しながら、学業での学年順位は270人中70位台にいる理系が得意な内野手。

冨澤拓翔:一塁手兼投手。秋季大会では背番号3ながら好投を見せてベスト4進出に貢献。学年順位は270人中80位台だという文系が得意な選手。

新入生へ送る、先輩球児の考える文武両道の第一歩


――高校生活のここまでを振り返ると、文武両道はできていたでしょうか
柴亮平(以下、柴):できていなかったかなと思います。現在の学年順位こそ70位台にいますけど。もっと上位になれたんじゃないかと感じています。

冨澤拓翔(以下、冨澤):1年生の時はできたという手ごたえはありませんでした。ただ2年生になって体力がついてきたことで余裕が生まれて、授業中の集中力は高まったと思います。

――入学当初について詳しく振り返ってください
:練習で精いっぱいでしたので、練習に慣れてきた1年生の冬場、3学期あたりから勉強時間を少しずつ伸ばすことができて、文武両道ができるようになってきました。

冨澤:自分も同じで、1年生の時は練習で疲労してしまって、授業を聞くことができませんでした。2年生になってやっと勉強にも熱を注ぐことができるようになりました。

――そこから、どうやって工夫していきましたか
:難しい問題を自分の力だけで解こうとしました。それで、できれば次第に勉強が楽しくなってきて、続けて問題を解き続けていった結果、今の学習法が確立されたと思います。

冨澤:電車での移動時間中も勉強するようにしました。周りがやっていたのがきっかけでしたが、そこから勉強するようになりました。

――新1年生でも実践できるような学習法はありますか
:とにかく授業を頑張ることがスタートだと考えています。きっと疲れて寝てしまうこともあるかと思いますが、その時は授業の合間に暗記や問題演習をやって、できるだけ授業前後で暗記をすることができれば、家で勉強することが減ると思いますので、頑張ってほしいと思います。

冨澤:暗記は特に一気に覚えようとするのは大変だと思います。毎日少しずつでも覚えられれば、後で苦しまないので、自分はおすすめです。

◆オンライン学習スクール「Baseball Study」の詳細はこちら!◆

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。