目次

[1]勉強と野球が相関して高まっている
[2]ノート=参考書の感覚で作る

 学校創立140年を超える歴史を持ち、偏差値73という伝統校かつ超進学校という2つの肩書きを持つ茨城県立水戸一。野球部は昨年の秋季大会では県大会2回戦で姿を消してしまったが、春は県大会4強、夏は8強入りを果たした。

 茨城県内のみならず、全国を見渡しても文武両道を貫くチームに分類できる水戸一だが、こうした地位をどうして確立できるのか。選手たちが普段からどういった工夫を凝らして学校生活、そして勉強に取り組んでいるのか。

 今回は理系を得意としており、チームの主力選手として活躍している中村颯一郎外野手(2年)にインタビュー。文武両道のコツに迫っていきたい。

 中村颯一郎:5段階評価で評定平均4.3程度。学年順位も30~40位ほどであるが、チームの主力選手。将来は医者を目指しており、筑波大への進学を検討している。

あわせて読みたい
学校創立140年超&偏差値73の進学校・水戸第一 主将が実践する文系科目の勉強法


勉強と野球が相関して高まっている


――まず文武両道という視点から、高校生活2年間を振り返ってください
中村颯一郎(以下、中村):最初は両立させられるのか不安が大きかったです。ですが、2年間通じて慣れてきましたし、今ではやりがいすら感じています。

――どんなところにやりがいがあると感じていますか
中村:部活しながらも、しっかり勉強をやるには時間管理が大事になってきます。周りよりも時間が少ない分、何を優先して動くべきなのか考えて行動することが求められます。そこでタイムマネジメント能力が身につきましたし、やりがいがあります。同時に計画性をもって生活したり、練習から考えて取り組むようになったりと、相関して良くなったと感じています。



中村颯一郎の1日の過ごし方

――時間の使い方を教えてください
中村:朝は5時半に起床しますが、学校に7時半までに行きます。そこから朝練に参加、もしくは予習をするか、日によって違いますが、それから授業を受けます。
午後4時に授業を終えて4時半から練習スタートすると、8時に下校。8時半ごろに帰宅すると、9時から食事して、9時50分ごろから勉強をやります。寝るのは0時半くらいなので、大体2時間半使って勉強するようにしています。

――普段の練習で疲れてしまって眠気が来ることはありませんか
中村:そういうときも正直あります。そうなってしまったら、コーヒーを飲むなどして眠気を覚ますようにしています。


◆オンライン学習スクール「Baseball Study」の詳細はこちら!◆

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。