目次

[1]中長期的な計画に固執するより柔軟に対応することが重要
[2]理性的に野球をしているのが、勉強ができて野球が上手い選手

 8月から行われた東京六大学野球春季リーグで、3割超えの打撃成績を残すなど活躍を続ける東大のキャプテン・笠原健吾さん。高校時代は、偏差値74といわれる神奈川の湘南高校野球部でプレーし、最後の神奈川大会は5回戦まで勝ち進んだ。高校時代は100盗塁を記録するなど、走攻守においてチームに貢献。

 最後は桐光学園に3対10で敗れたが、湘南の1番打者として、その存在を知らしめた。
 高校時代は、まさに「文武両道」。野球も勉強もどちらも本気で取り組んできた笠原さんに、今回は湘南高時代の勉強法をお伺いしました。

中長期的な計画に固執するより柔軟に対応することが重要


Q.笠原さんは、勉強するということが、野球の上達にも結びついたと感じることは、これまでにありましたか?

笠原健吾さん(以下、笠原) 練習をしたからといってすぐに結果が出るわけではない野球と違って、努力が結果に直結する勉強に取り組んだことにより、結果につながる努力の仕方を体得できたと思います。

 私は勉強を通して、基礎の愚直な反復が結果につながるということを学びました。このことから、野球の練習でも一見地味な基礎練習の反復に注力するようになりました。基礎練習というのは大抵の選手にとっては地味でつまらないものであると思います。

 私自身もかつては基礎練習を嫌い、自主練習の時間には漠然とノックを受けたり、フリーバッティングをしたりしていました。ただ、勉強を通して基礎の反復なしに結果を出すことはできないということを実感し、基礎練習に時間を割くようになりました。その結果、中学や高校時代よりも実力をつけることができ、大学野球部で試合に出るようになりました。

Q「計画を立てる」という点でも勉強と野球でプラスになったことはありますか?

笠原 私はいつまでに何を終わらせる、何ができるようになるというような計画は立てませんでした。野球と勉強を両立させるために時間が限られている中で計画を立てる時間がなかったというのもありますが、日々課題が変化していく中で中長期的な計画を立てるのが困難だったからというのが主な理由です。

 勉強にしても、野球にしても、やってみないと見えてこない課題が多いです。それにも関わらず、取り組む前から計画を立ててもおそらく軌道修正が求められることになるでしょう。

 そのときに見えていたものだけで立てた中長期的な計画に固執するよりも、日々変化する課題に対して柔軟に対応することが重要だと思います。中長期的な計画を立てない代わりに、1日の中でやることは明確にするようにしていました。

 「この教科を何時間勉強する」「この練習とこの練習を合計何時間やる」というような計画を朝に立てていました。毎日計画を立てることで、課題に柔軟に対応することが可能になり、漠然と1日を過ごすことがなくなりました。

Q 野球でも「振り返る」力は大事だと思いますが、勉強でも大事だと思いますか?

笠原 勉強にしても野球にしても共通していたのは、なぜうまくいかなかったのかを分析し、同じ過ちを繰り返さないようにするということでした。勉強に関しては、問題を解きっぱなしにするのではなく、間違えた問題を自力で解けるようになるまで解き直したり、間違えた問題に関する知識をノートにまとめたりしていました。

 野球に関しては、試合後に打席のビデオを見返すことで、どういう意識で打席に入るべきだったのか、どの球を打つべきだったのか、どの球種に絞るべきだったのかというようなことを振り返り、同じような場面で結果を出せるように準備しています。勉強と野球を両立するということは、勉強と野球のそれぞれにかけられる時間が少なくなるということを意味します。限られた時間の中で成長するためには、失敗からより多くのことを学び、同じ過ちを繰り返さないということが重要だと思います。

◆オンライン学習スクール「Baseball Study」の詳細はこちら!◆