第10回 沖縄出身初の東京大野球部員 島袋祐奨(東京大)の「文武両道」を続けるための思考法2020年06月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]成績の良い生徒のノートの取り方
[2]日常生活の積み重ねが大事

 2019年、東京六大学野球に所属する東京大学硬式野球部に沖縄県出身者初の部員が誕生した。それが那覇市出身の島袋祐奨だ。
 小3から野球を始めた島袋は、中学では県大会準優勝を経験し、那覇国際では副主将を務めた。高校卒業後、一浪を経て2019年4月に東京大学の文科二類入学した島袋は、6月に野球部に入部して沖縄県出身初の野球部員となった。

 東京大学への入学はもちろんのこと、勉学と大学野球の両立は決して簡単なことではない。
 今回は、島袋のこれまでの経歴を振り返ってもらいながら、日本最高峰の「文武両道」を続けるための思考にも迫っていく。

東大を目指すきっかけとなった東大野球部の合宿参加



高校時代の島袋祐奨(東京大) 写真右

 島袋が東京大を意識し始めたのは、高校1年の3月だった。
 東京大野球部は毎年沖縄で合宿を行うが、その際に那覇国際野球部も一緒に練習する機会があり、島袋も東京大の選手たちと共に汗を流した。その際に目の当たりにした東京大の選手たちの文武両道に励む姿に大きな感銘を受け、島袋は東京大を志すようになった。

 「授業をしっかり聞くのもそうですが、休み時間にも課題や勉強をやっていました。
 睡眠時間も削って勉強したかったくらいでしたが、自分は夜は睡魔に負けてしまっていました。なので、起きている時間はできる限り勉強するようにしていたと思います」

 最後の夏は3回戦で敗れ甲子園への道は断たれたが、文武両道を地で行くような生活を続けた島袋。一時は模試で「C判定」が出るなど、勉学の面でも着実に努力を重ねた。
 現役では惜しくも2次試験で得点が足りず不合格となったものの、その後福岡の予備校に通って、1年後に見事合格を勝ち取った。

 「今振り返れば、現役の時は手を抜くところがあるなど少し自分に甘さもあったと思います。ですが浪人するときに、予備校に通うために100万円以上のお金がかかると両親から聞いて、本当に頑張らないといけないなと感じました」



島袋祐奨(東京大)

 予備校に通う間に、野球への熱が冷めて入学直後はアイスホッケー部に入部したが、次第に野球への思いが蘇ってくる。
 野球部の練習は週6日、毎朝5時に起きてグラウンドに向うなど、部活動の中でもかなりハードだと聞いていた。だが島袋の野球への思いは、完全に高校時代のものを思い出しており、6月に当時の監督であった浜田一志監督の下へ相談に行った。

 「アイスホッケーが嫌いという訳ではなくて、上手くなった時の喜びがやっぱり野球の方が大きいなと思いました。
 今はもっと野球がやりたいなという気持ちがあります。大学生は(高校と比べると)あまり勉強はしないのですが、それでももっと授業減らして野球がしたいなと思っています」

【次のページ】 日常生活の積み重ねが大事

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第11回 東京大学野球部主将・笠原健吾さん(湘南高校出身)が考える「勉強を行う意味」と「文武両道の秘訣」【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!【大会展望・総括コラム】
沖縄水産vs那覇国際【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
第707回 明日開幕!激戦必至のコザや興南など強豪校多数のC,Dブロック!【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
糸満vs那覇国際【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
名護vs那覇国際【沖縄県 2016年秋の大会 第66回沖縄県高等学校野球秋季大会】
普天間vs那覇国際【沖縄県 2016年春の大会 春季沖縄県大会】
那覇国際 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム