甲子園の名勝負ベストテン、というアンケートをとれば、必ず上位に上がってくるのが2006年夏、駒大苫小牧(南北海道)と早稲田実業(西東京)の決勝引き分け再試合だろう。配役がまた、いい。駒苫・田中 将大と、早実・斎藤 佑樹の投手戦だ。1対1で延長に入ると、駒苫・香田誉士史監督は、10回あたりから早くも再試合を予感したという。両エースのデキが、それほどすばらしかったからだ。

 両者は05年秋の神宮大会準決勝で対戦し、駒苫が5対3で勝っている。斎藤が5失点したのに対し、途中登板の田中は、早実の打者19人から実に13三振と子ども扱いした。その夏の甲子園では、2年生エースとして25.2回で38三振とチームの連覇に貢献したから、同世代では別格だ。この神宮大会でも優勝。田中は28.2回で47三振と、97年松坂 大輔投手(27回31三振)をはるかにしのぎ、"北の怪物”と呼ばれるようになっていた。

 ただ、その後の田中は、ちょっと野球の神様に見放された。夏春連覇のかかるセンバツは、卒業生の飲酒により出場辞退。南北海道を制し、73年ぶりの夏3連覇への挑戦権は得たものの、甲子園入り後に胃腸炎を発症。香田監督は、少しでも負担を減らそうとリリーフ中心の起用を決断した。おもにロングリリーフで好投する田中に報い、チームも3回戦から3試合続けての逆転勝ち。青森山田戦では最大6点差、東洋大姫路(兵庫)戦では4点差を終盤にはね返した。北の王者、さすがに強い。

 対する早実。センバツでは、優勝した横浜(神奈川)に敗れたもののベスト8。「神宮大会の負けがあったから、駒苫を目標に成長させてもらった」と和泉実監督はいう。この夏、中田 翔らのいた大阪桐蔭を2回戦で破ったとき、斎藤はこう宣言した。

横浜を倒した大阪桐蔭に勝った以上、駒苫の3連覇を阻止するのは自分たちしかいない」

 斎藤には、センバツの反省があった。関西(岡山)との15回引き分け再試合から3連投だった横浜戦は、3回6失点とスタミナ不足を痛感。甲子園から戻ると山道を走り込み、スクワットで汗を流し、下半身を徹底的にいじめた。さらに、右足に重心を乗せるフォーム改造で球速は最速149キロと4キロアップしている。そして甲子園本番、初戦は一時、右翼のポジションについたものの、救援が1死も取れずにマウンドに戻った斎藤は、準決勝までの5試合を実質すべて完投した。45回49奪三振、防御率1・00。直球にスライダー、勝負どころではフォーク、そしてなにより沈着冷静なマウンドさばきが光る。汗を拭った青いハンカチを丁寧にポケットにしまう姿から「ハンカチ王子」と呼ばれたこと、若い世代の読者はご存じか。