いよいよ、10月11日のドラフト会議が迫ってきました。今回はドラフト会議の解説でお馴染みのスポーツライター・小関 順二さんをお招きし、今年の高校生や、各球団の若手メンバー構成、補強ポイント、おすすめの1位候補などに迫ります。今回はパ・リーグの第3回楽天をお届けします。


――昨年は早川隆久(木更津総合ー早大)をドラフト1位指名しました

小関:25歳以下のチームでいうとCランクです。全然、いないですね。野手は黒川 史陽がいて、オコエ 瑠偉がでてきて、辰己 涼介がいて、これぐらいはいい。安定感があってね。でも投手は早川以外はいない。安樂 智大は中継ぎで頑張ってますが、あとは25歳までの名前を挙げると、一時期よかった藤平 尚真、新人の内間 拓馬、西口 直人、巨人からきた髙田 萌生、法政からきた高田 孝一、新人の藤井 聖、津留崎 大成、あと鈴木 翔天ぐらい。今の戦力になっているのは、早川と安楽だけで、将来にわたって、これは出てくるだろうという選手がいない。投手が弱い。

 投手王国と呼ばれている楽天だが、実は「高齢化」が進んでいる。小関氏も心配はそこのようだ。投手陣に目を向けると若手で伸びてきそうな、いきのいい投手は見当たらない。ドラフト戦略に問題があったとしか、いいようがない。球団の方針について、小関氏もチクリを刺した。

小関:野手も、左打者ばっかり一軍の戦力になっている。ドラフト1位が少ないのかな。あんまりみんな戦力になってないというのが非常に目立ちます。投手も移籍組が多いんで、どうしてもベテランが多くなる。田中 将大涌井 秀章、岸 孝之。みんなよそからきた選手。松井 裕樹が抑えでしっかりいるのが、いいプラス面ですが、そのほか、あんまりプラス面がないんですよね。ドラフトが非常に良くないと思いますね。

 球団の根本的な問題にも言及する。

小関:石井監督兼GMは骨太のチーム、常勝チームを作ると言ってますが、僕から見ると1年先しか見ていない。だいたい、監督とGMが同じ人がやること自体、おかしいんです。やることが違うんだから。監督は与えられた戦力で、その年、来年のことを考えて動いていくが、GMはもっと先、長期的な3年、5年先を考えながらチーム作りするわけで、根本的に矛盾するんですよ。監督とGMを一緒にやるということは。それを平気でやらせている。それが信じられない。平石監督がそのままやってればよかったのにと思う。ほんとに投手がいない。早川以外、先発の柱になりそうな選手がいない。25歳までのなかに誰もいない。チームとしてはほんとにまずい。

――今年はどういうドラフトをしていけばいいのか

小関:今年はとにかく高校生投手を狙っていくしかない。明桜の風間 球打が地元になるんだし、森木 大智高知)、小園 健太市立和歌山)、当たり前の名前しかないが、ここでいくしかないんじゃないかな。大学生でも隅田 知一郎(西日本工大)とか、いますけどね。今年はやっぱり高校生で1位はいくべきだと思います。

 地元の大注目右腕、風間に行くべきだと勧める。地域に根ざしたチームを目指している楽天なら、取りにいかない手はない。東北地区全部をフランチャイズにかかげている部分もある。ベテラン投手の元、成長できる環境は整っているともいえる。

小関:25歳以下でチーム考えてみれば、危機感しかないですよ。3年先に柱になっていそうな選手が早川しかいない。藤平はよかったのに、なぜか失速してますよね。安楽はいつものまにか中継ぎになっているし。出来上がった選手ばかりとってくるからですよ。トレードが多すぎる。生え抜きがそこを破って突き抜けられない。

 チームの長期的危機から救うのはドラフトで高校生投手を獲得するしかない。小関氏のいつになく、力のこもった少々厳しい言葉となったが、そこには楽天球団の発展をやまない思いも込められていた。

(記事:編集部)