10月11日のドラフト会議が迫ってきた。今回はドラフト会議の解説でお馴染みのスポーツライター・小関順二さんをお招きし、今年の高校生や、各球団の若手メンバー構成、補強ポイント、おすすめの1位候補などに迫ります。今回はセ・リーグの最終回広島をお届けします。


――25歳までのチームでの評価はいかがでしょうか?

小関:セリーグでは唯一のAランクになる。ここはすごい。若手はいいし、現在のメンバーもいい。外国人が機能していないのは、弱いところだとは思いますが、会沢 翼坂倉 将吾林 晃汰小園 海斗、菊池 涼介とか、會澤と菊池以外はみんな若手。捕手は石原 貴規がいる。坂倉は一塁。中村 奨成は外野らしい。今のスタメンでも入っている25歳以下もズラリといる。外野は大盛穂もいて、中村奨とか。この野手陣はなかなかできない。すごい魅力がある。12球団で一番魅力がある野手。

 小関氏の舌が止まらない。広島の野手陣には将来への夢と希望がある。どこまで伸びるのか、そんな楽しみは無限大とでもいいたけだ。饒舌は投手陣にまで及んだ。

小関:投手も森下 暢仁がいて、栗林 良吏がいて、高橋 昂也がいて、左の玉村 昇悟が出てきた。アドゥワ 誠遠藤 淳志、島内 颯太郎、塹江 敦哉、そして大道 温貴森浦 大輔の新人もいる。いくらでもやりようがある、あとは監督の舵取りだけ。あとは外国人がうまく投手2人、野手2人くらい入れば、こんなBクラスに沈むようなチームではない。最近の低迷が信じられない。

――今年のドラフト指名はどうすれば?

小関:即戦力はいらない。今年は高校生投手を1位で取った方が正しい。小園 健太とか、森木 大智とか、左投手がいないというのがあるので、大阪桐蔭松浦 慶斗なんかいいのかも。あと二松学舎大附秋山 正雲とか、2位3位くらいと思っていて、1位はないと思っているが、あっても驚かない。

 1位おススメは高校生の左投手。現状のチーム状況なら、若手野手は問題ない。投手も悪くないが、しいて言えば左投手を充実させられれば、投手陣、またもチーム全体が強固なものになると分析している。

小関:広島はほんとにいいチームになると思う。オリックスだって、ロッテだって、2年前からいいチームになる前段階があった。ホップ、ステップがあって、ドラフトを見れば球団の意図が分かる。指名に現れる。そういう指名をしてほしい。カープはこれまでどうしても即戦力タイプを取りたがるが、舵を切ってほしい。高校生指名にしてほしい。

 現在のヤクルトがそうなったように、若手野手が伸びるとチーム力がグンと伸びる。相乗効果を生みやすくなる。広島は今はしゃがんでいる時期。今ドラフトで上手く補強できれば、18年まで3連覇したあの強い広島が復活する日は近い。小関氏の口調から、そんな思いが読み取れた。

(記事:編集部)