10月11日のドラフト会議まで残り2週間を切った。今回はドラフト会議の解説でお馴染みのスポーツライター・小関順二さんをお招きし、今年の高校生や、各球団の若手メンバー構成、補強ポイント、おすすめの1位候補などに迫ります。今回はセ・リーグの第2回ヤクルトをお届けします。


――現在のチーム状況については

小関村上 宗隆山田 哲人が一緒にやっとそろった。奥川 恭伸とか高橋 奎二金久保 優斗とか、でてきたのは大きかった。奥川は2年目でも出てきたのは早いと思う。

――投打の主力に球界を代表するような器の選手がいる

小関:毎年、「プロ野球問題だらけの12球団」という本を書かせてもらっているが、ヤクルトは成績が上がるとはっきり書きました。優勝できるかどうかというのは、そこまでは踏み込めないけど、ずっとビリだったんで。やっぱり中心軸、山田、村上がしっかりしていて、古賀 優大もFAしなかったし、悪い条件が見いだせなかった。今年は上がる。でも、来年以降、これを維持できるかは疑問という書き方をした。

 今季、ここにきてチームは絶好調を続けている。若手とベテランの融合がうまく機能して、優勝争いの主役でリーグを盛り上げている。小関氏の分析がピタリと当たり、結果としてチーム力が表れている。ただ、だからといって「安泰」かというと、そうではない。

――昨年のドラフトは大学生中心だった。今年はどういう戦略をすればいい?

小関:今年は難しい。基本的に投手がいない。ドラフト候補生、全体を見ると高校生にいい選手がいる。ヤクルトも即戦力が欲しいチーム事情なんだけど、小園 健太とか、森木 大智とか、まとまりに安定感のあるバランスのいい投手を指名した方がいい。

――圧倒的に投手のポジションを奪える選手ならとっていいか、そんな感じの選手はいない?

小関:大学生だと東北福祉大の椋木(むくのき) 蓮、日大の赤星 優志、筑波大の佐藤 隼輔、西日本工大の隅田 知一郎、社会人なら柴田 大地、広畑 敦也になるが、奥川がでてきたから、1位は高校生でいって、2位以下は大学、社会人でいいと思う。

――今年、将来の中心軸となる素材が入札できるか

小関:ずっと将来性を考えたドラフトをやってきているが、とれていない。クジがあるんでね。でも今年はバラけると思う。1人に競合はないと思う。全球団、重複ゼロもありえる。まとまりにに走ってほしくない。そんな簡単ではない。

 小関氏は、ヤクルトに必要なのは、安定感のある投手。将来性を見込んだ、少々粗削りな高校生投手ではなく、まとまりのある若手投手に行くべきだと説いた。まず、1位はそこを狙って、2位以下は本当の即戦力にいけば、チームはより強化されるわけだ。

(記事:編集部)