目次

[1]投手陣の中心/攻撃陣の中心
[2]走塁の中心/春浮上のためには

【今年の県立岐阜商の注目選手のギャラリーはこちら】



 これまで数多くのプロ野球選手を輩出するなど長い歴史と伝統を持つ県立岐阜商。昨秋は2年連続で東海大会の決勝で中京大中京の前に敗れたが、選抜への当確ランプを灯し、再び甲子園に戻ってくる。名将・鍛冶舍巧監督が指揮する伝統校を見ていきたい。

今年のチーム、注目選手の記事はこちらから!
1週間で600球。140キロ投手揃いの県立岐阜商の投手陣が実践する投げ込みの真意とは
県立岐阜商の小さきエース・野崎慎裕が144キロ左腕になるまで【前編】
名将も絶賛!プロ注目強肩捕手・高木将斗(県立岐阜商)の捕手論【前編】



小西 彩翔、松野 匠馬、野崎 慎裕、大島 成憧

【投手の中心】
野崎 慎裕(西濃ボーイズ)
松野 匠馬(愛知名港ボーイズ)
大島 成憧(岐阜西ボーイズ)
小西 彩翔(岐阜中濃ボーイズ)

 4投手全員が140キロを超えるスピードボールを持つという布陣となっている県立岐阜商。そのなかでも主戦力として活躍しているのが、エース・野崎。1年生春から公式戦を経験する実績十分なサウスポーだ。

 最速144キロのストレートはもちろんだが、2種類のスライダーに加えてチェンジアップと多彩な変化球を駆使して打者を翻弄。秋季大会8試合に登板して3度完封勝利を収めるなど、安定感が光る。旧チームの時に甲子園を経験した際は先発するも2回途中で降板の悔しい結果に。選抜では昨夏の悔しさを晴らすピッチングができるか注目だ。

 その野崎の2番手として活躍したのが背番号9をつける松野。甲子園交流試合でも登板経験を持つ松野は昨秋の公式戦では31回3分の2を投げて与えた四死球はわずか1だったという制球力の高さが光る。最速148キロを計測するスピードボールも武器であるが、バッターとしても打率.304という成績を残す。野崎とともに県立岐阜商を引っ張れるか。

 そして決勝の中京大中京戦で登板した大島。そして4投手の中で唯一の下級生となる小西も控える。「秋以降は3番手も育ってきた」と鍛冶舍監督は投手層が充実してきたことを語っており、2人の甲子園デビューも期待される。



廣部 嵩典、宇佐美 佑典、髙木 翔斗、梅村 豪、山本 晃楓

【攻撃陣の中心】
2番 三 宇佐美 佑典(メントーズ)
3番 一 梅村 豪(愛知尾州ボーイズ)
4番 捕 髙木 翔斗(岐阜フェニックス)
5番 二 山本 晃楓(西濃ボーイズ)
廣部 嵩典(枚方ボーイズ)

 野手全員がスイングスピード140キロを超えるというポテンシャルがある県立岐阜商だが、なかでも注目されているのは高木になる。先日の練習試合で高校通算17本塁打を放ったバッティングが武器の1つ。大きな放物線を描くことを理想に常に打席に入っているが、最も大事にしていることはボールの捉え方とバットの出し方。ボールに力を伝えられる最短距離で、ミートポイントまで最速で出す。そしてミートさせる時はボールの下半分をこするようなミートを意識してきたとのこと。

 守ってはキャッチャーとして二塁送球は最速1.8秒台を計測しており、攻守にわたってチームの要を担う。昨夏の交流試合では4打数1安打に終わったが、2度目の甲子園ではどのようなプレーを見せるのか。

 また5番に座る山本は公式戦打率.400、7打点を記録。またトップに入る瞬間にヒッチ気味にバットを動かしながらも上手くヘッドを利用して打球を飛ばす3番・梅村。そして練習試合含めて27打点とバットで貢献した宇佐美が打線を牽引する。

 さらに練習試合を合わせて四死球30と選球眼も冴える廣部と様々なバッターが県立岐阜商に並ぶ形となっている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。