市川学園ののスタメン・ベンチ入り情報

 県内屈指の進学校として知られる市川学園。毎年、中学入試は幕張メッセを使って実施され、度々報道されることでも有名な人気校だ。

 校舎とは別にグラウンドを4つ所有するなど施設も充実している市川学園の野球部の専用グラウンドは、校舎から自転車で15分離れた場所にある。秋は県大会まで勝ち上がったが、1回戦の千葉敬愛には0対8で敗戦。ヒット1本に封じ込められる結果に終わった。

 春に向けて練習を重ねているところだが、ここまでチームを引っ張ってきたのは2人のスラッガーだ。1人は勝負強い打撃が光ったキャッチャーの大塚知樹で、秋季大会では野手の間を抜いていく中距離砲として打線を牽引した。



市川学園の練習模様

 大塚自身も「大会期間中は調子が良かった」と自負するが、将来的には長距離バッターとなれるよう、バットを振りこんでいる。その時にポイントにしていることが、いかにインパクトの瞬間に力を入れられるか。ここに焦点を置いてバッティングを磨いている。

 その大塚がライバル視する4番ファースト・庄司道哉が2人目のスラッガーだ。ポイントゲッターとしてチームの中心選手として活躍。試合ではホームラン2本だが、練習を含めると2桁に到達しているという力強い打撃が一番の持ち味。また相手バッテリーの配球を考えるなど、技術だけではなく頭も使いながら快音を響かせていく。

 そんなチームをまとめるのが坪井雄介。武器は安定した守備で「源田壮亮さんや藤岡 裕大さんの動画を見て、捕球の姿勢や打球への入り方を勉強しています」という。秋の大会では2番・ショートでスタメン出場を果たし、プレーでもチームを牽引していた。春以降も主将としてチームをまとめていく。



市川学園の練習模様

■涙を流した強化合宿

 4月から始まる地区予選に向けて取材時もトレーニングに打ち込んでいた市川学園の選手たち。限られた時間を効率よく使っていくが、選手たちに話を聞くと市川学園では冬場に強化合宿を実施するのが定番とのことだ。

 「全員で助け合って5日間を乗り越えられたのは今でも覚えています」という強化合宿は例年であれば、学校の寮を使って泊りがけで開かれるが、今年は新型コロナウイルスの影響で寮が使えず。代わりに5日間は通いで実施することになった。



市川学園の練習模様

 「寮だったら夜ご飯も監督に見られていますが、今回だと朝早いので、どちらも大変です」と大塚が語る通り、朝は7時にグラウンドに集合。朝食をとった後、トレーニングに打ち込むところから始まる。2度目の朝食、練習と進めていき、最後もトレーニングをやって終了。終わりは18:00となる。

 合宿中の様子を大塚はこう振り返る。
 「去年も経験していたので、『今年もきたか』という感じで、最初は全員が開き直って明るい雰囲気で出来ていましたが、途中からはかなり雰囲気も暗かったです」