岐阜各務野のベンチ入り一覧

 岐阜県各務原市に学校を構え、ビジネス科・情報科・福祉科の3つのコースがある岐阜各務野。ホッケー部は全国大会での優勝実績があり、日本代表を多数輩出していることでも有名な学校だ。

 そんな岐阜各務野の野手陣はスイングスピードが130キロ後半から140キロ台を計測する強打者が多数おり、快音を響かせる重量打線が今年のウリとなっている。そのなかでも注目したいのが板橋 虎太朗、小林 祐大、石井 丈太の3選手である。

 板橋は引っ張ればホームランを放つ長打力を持っているだけではなく、逆方向にも打ち返すことが出来る器用さも兼ね備える。小林も板橋と並んで打線の軸を担うスラッガーであるが、キャッチャーとしての能力も高く、守備でもカギを握る選手だ。そして石井は、リードオフマンとして広角な打撃と高い出塁率でチームの火付け役として活躍している。

 この3人に加えて、松岡 柊汰と加藤 能塁の左投手2人に、スイングスピード140キロ中盤の吉田 柚貴。そして田中 海斗、谷口 翔哉の二遊間コンビの今後の活躍が期待されている。



岐阜各務野の練習模様

■掲げられた2つのキーワード

 攻撃力に目がいく今年の岐阜各務野だが、スローガンに掲げているのは『驚走撃破』。相手の隙を突いた走塁で勝つことをチームではずっとスローガンとして掲げられており、今年のチームも走塁に対して高い意識をもって取り組んでいる。

 そしてもう1つ新チームより掲げられたのが、『Aggressive Baseball』だ。万全の準備をしたうえで積極的なプレーをしていく。ミスをしてもOKにする代わりに、1プレーに集中して果敢に挑戦するようにすることで、『驚走撃破』が裏付けされたプレーが増えていき、深みが出てきたことを永井監督は実感している。



ティーバッティングの様子

 そんな永井監督は「野手陣の仕上がりが早く、攻撃力の高いチームになった」と評価するチームを象徴する一戦が県大会3回戦・岐阜総合学園との一戦だ。序盤で投手陣が崩れ、9点ビハインドの苦しい展開から、3本のホームランが飛び出た。チーム全体は追い上げムードになったが、ひっくり返すことまではできずに5対10で敗れた。

 可児 和也主将は「役割に徹することなどを学びました」と振り返り、ケースバッティングの重要性を再確認。気持ちよく打つのではなく、状況に応じたプレーをすることをだいじにするようになった。



トレーニングに打ち込む岐阜各務野の選手

■強豪相手に勝利したことを自信に

 その成果は早速出てきた。シーズン最終戦に市立和歌山と激突。相手は選抜出場を決め、注目校として期待されるチームだが「アップから公式戦さながらの雰囲気で入れた」という一戦は、岐阜各務野が4対3と接戦をモノにした。取り組んできた成果をしっかりと出すことが出来た。

 この一戦での勝利を自信に冬場の練習も乗り越えてきた。県立岐阜商などのライバルを倒し、岐阜各務野は上位進出となるのか。春以降の躍進を期待したい。

(文=編集部)



今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!