第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?2020年10月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年もスポーツライターの小関順二さんをお招きし、12球団のドラフト指名予想を行っていく。

 この指名予想は指名人数、指名選手を予想するのではなく、その球団の姿勢を表す1位指名は誰にすべきなのか?を考えていくものである。長期的な視野に立った指名なのか、現実に即した指名なのか、目先しか見えていない指名なのか。その観点について徹底的に語っていく。

 今回は2012年以来8年ぶりのAクラスがかかった中日のドラフト指名予想を行う。

2位 中日
〈勝-敗-分〉52勝47敗5分
〈勝率〉.525
〈打率〉.252
〈防御率〉3.75
 成績は10月20日時点

締め切り直前にプロ志望届を提出した中京大中京の高橋宏斗の存在



高橋宏斗(中京大中京)

――今年の中日の戦いぶりはいかがですか?

小関:将来に向けてセ・リーグで一番面白いチームですよね。ここのところドラフトで結構抽選で競合した選手を獲っていますよね。これが大きいですかね。

――2018年ドラフト1位の根尾 昂選手(大阪桐蔭出身)、2019年ドラフト1位の石川 昂弥選手(東邦出身)などですね。

小関:今日のために来年のピッチャー予想とスタメン予想を色々考えてきたのですが、中日だけは「来年」と言うより「将来」と言うふうにして考えてきました。

 例えば、キャッチャーは木下 拓哉高知出身)もいいですが、郡司 裕也仙台育英出身)かアリエル・マルティネスですよね。あとサードの高橋 周平東海大甲府出身)をセカンドに回してサードに石川を持ってきて、ショートは京田 陽太青森山田出身)でいいですよね。

 外野は大島 洋平(享栄出身)をセンターに置いてファームの根尾と石垣 雅海酒田南出身)を外野に持っていくという打つことがだけを取り上げてこんなスタメンを考えてみました。

 3年ぐらい前まで中日にはそういう妄想ができるほどの選手がいなかったんです。ずっと社会人の選手や、大学の選手の粒の小さい選手を使っていましたので。井端 弘和(堀越出身)、荒木 雅博(熊本工出身)は凄かったですけど。

 ああいう選手でチーム全体を構成しようとしていた嫌いがあるんですけど、それがすごく物足りなくて。あんまり面白くなかったです。今は妄想するのが面白いです。

――石橋 康太選手(関東一高出身)や外野手の岡林 勇希選手(菰野出身)なども出てきていてますよね。

小関:そうでうね。オリックスから来た武田 健吾自由ケ丘出身)など結構魅力のある選手が多いんですよね。

――そんな中日はどんな選手を1位として獲っていけたらいいですか?

小関:投手陣は柳 裕也横浜出身)が良いですが、大野 雄大(京都外大西出身)もFAがどうなるかわかりませんので、ピッチャーかなと思います。栗林 良吏愛知黎明-名城大-トヨタ自動車)という地元路線も悪くないですけどそんな成果が出ていないので、と悩んでいた時に中京大中京高橋 宏斗が志望届を出したので高橋がぴったりだと思いました。大きくなりつつある今のスケールが今の中日に入ることですごくきれいに収まります。

――やっぱり高橋投手のスケールには他の投手にない魅力があると?

小関:そうですね。早稲田大の早川 隆久木更津総合出身)と一緒で楽に投げて150キロ以上の球を投げるますよね。変化球も比較的同じフォームで投げられますし。これだけの選手はなかなかそう毎年でてこないですよね。

――今年はトヨタ自動車の栗林投手以外でも東海地区の良い選手は非常に多いので今年の中日のドラフト戦略が楽しみですね。

小関:来年も中京大中京畔柳 亨丞投手がいるじゃないですか。高橋がいたのになんであんなにいい選手が1学年下にいるんだよと思いますよね。連続してドラフト1位候補が出るのはすごいと思いますね。

 中日編は以上。地元路線ではトヨタ自動車の栗林良吏や中京大中京高橋 宏斗が上位候補筆頭なのか。果たして26日の中日は1位でどんな選手を指名してくるのか、注目していきたい。


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
中京大中京vs県立岐阜商【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
中京大中京vs海星【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs誉【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
高橋 宏斗(中京大中京) 【選手名鑑】
中京大中京 【高校別データ】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム