第2回 【12球団ドラフト指名予想】阪神は井上広大のようなスケールの大きな野手を指名し猛虎打線再来へ!2020年10月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年もスポーツライターの小関順二さんをお招きし、12球団のドラフト指名予想を行っていく。

 この指名予想は指名人数、指名選手を予想するのではなく、その球団の姿勢を表す1位指名は誰にすべきなのか?を考えていくものである。長期的な視野に立った指名なのか、現実に即した指名なのか、目先しか見えていない指名なのか。その観点について徹底的に語っていく。

 今回は収録日(10月12日)現在ではセ・リーグ2位の阪神の指名予想を行う。

3位 阪神
〈勝-敗-分〉48勝47敗5分
〈勝率〉.505
〈打率〉.247
〈防御率〉3.57
 成績は10月17日時点

スケールの大きな近畿大の佐藤などの野手を上位に?



佐藤 輝明(近畿大)

――現在2位ということですが、今年の阪神はいかがですか?

小関:やっぱり大山 悠輔つくば秀英出身)が素質開花の兆しを見せてきて、本塁打王と打点王争いをしてますよね。こうなってくるともうちょっと欲を出して、打線を強化していきたいですね。

 近本 光司(出身)という盤石の1番がいて、4番に大山が座っているわけですから。ショートも小幡 竜平延岡学園出身)が出てきました。だからもういいやではなく、もう一つ欲を持っていきたいですね。ずっと貧打で泣いてきたチームですので。

 ピッチャーはそれなりにいると思っています。藤浪 晋太郎大阪桐蔭出身)も場所を得たみたいですし、西 勇輝菰野出身)もまだ若いしですし。そうなるとやっぱり野手じゃないかなと思いますね。

――野手となると1位は誰になるでしょうか?

小関:やっぱり近畿大の佐藤 輝明(仁川学院出身)がチーム事情に合っているんじゃないでしょうか。佐藤はサードと外野ができるわけですけど、阪神に行くとなるとサードは大山がいるので外野ですね。

 近本とサンズがいるので、あと中谷 将大福岡工大城東出身)あたりが守っている外野の一角に当てる。そうすると阪神もなかなか魅力のあるチームになってくるんじゃないでしょうか。

――他だとどんなタイプの選手を指名した方が良さそうですか?

小関:阪神はいつも、悪い選手じゃないのですが、糸原 健斗開星出身)や木浪 聖也(青森山田出身)など出来上がった、まとまった選手が多いですよね。北條 史也光星学院出身)もそうです。

 そういう選手ではなくて、もっとはみ出したようなスケールの大きい選手、例えばファームで活躍している井上 広大履正社出身)のような選手をもっと増やしていくべきじゃないかなと思います。

 例えば履正社のキャッチャー・関本 勇輔や、あと合同練習会で活躍した漁府 輝羽おかやま山陽)、青藍泰斗石川 慧亮や、ああいう高校生野手を2位や3位の上位で指名してもいいんじゃないかなと思います。

 今まで3位あたりでうまい選手をで指名してきてレギュラーに近いポジションを当ててきているんですけど、なんかチームのスケールが出てこないのが阪神ですよね。主力もいないですし。

 ここは佐藤も獲って、2位以下では去年の井上に続くスラッガータイプを獲っていっでチームのスケールを上げたいですね。ファームの球場も変わっていくみたいですし。育成する体制はできてきたのでそういう指名をしてほしいですね。

――振り返れば大山選手もドラ1だったときは色々ありましたけど...

小関:大山を知らない人は非難轟々で。阪神ファンは関甲信ってなんだ、白鴎大学ってなんだって言う人もいますけど、今一番魅力があるのが関甲信ですよ。今年だって上武大に佐藤 蓮飛龍出身)と古川 裕大久留米商出身)がいますし。行くのはなかなか大変なんですけどね(笑)。

――そうでうね。阪神はいい傾向にはなりつつあるって感じですかね?スケールが大きい戦力が育っていけば、巨人に対抗できるのではないでしょか。

小関:猛虎打線ってよく言いますが。確かに85年は凄かったですよ。ランディ・バース、掛布 雅之(習志野出身)、岡田 彰布(北陽出身)っていましたけど、あのあたりもみんなすぐいなくなってしまいました。だから強力打線ていうのは3年間ぐらいだけなんですよ。あとはずっとピッチャーだけ。ピッチャーでもってた打線の弱いチームという印象です。”猛虎打線”という冠に見合った強力打線を作ってほしいですね。

 阪神編は以上。スケールの大きな野手を獲得し、85年の猛虎打線の再来を期待していきたい。果たして今年の阪神は上位ではどんな選手を指名してくるのか?注目していきたい。

すべてのドラフト情報が集まる、ドラフト特設サイトはこちら
プロ野球2019ドラフト特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 【12球団ドラフト指名予想】ヤクルトは六大学のスターたちを無視できない!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第278回 1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介【ドラフト特集コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】鍛えて伸ばす広島スタイルにふさわしい選手は?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第277回 今年の外野手は来田涼斗、西川僚祐など大型外野手揃い!大化けする可能性を秘めた外野手18名リスト!【ドラフト特集コラム】
第1256回 今年の超強肩捕手・二俣翔一のスローイングはまさに「投手」。目指すは走れる強肩強打の捕手 【2020年インタビュー】
第1254回 入学から20キロ以上スピードアップした153キロ右腕・加藤翼(帝京大可児)が覚醒した理由【後編】 【2020年インタビュー】
第1253回 「プロは無理だと思っていた」建築家志望の中学生が153キロ右腕になるまで。加藤翼(帝京大可児)【前編】 【2020年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム