第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方2020年10月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

練習後に書く野球ノートにしても、いきなり書くんじゃなくて、「見方・考え方」を意識しながら書く。それだけで、野球も上達しますし、逆にそういう姿勢が勉強にも通じてきます。

個人のスキルという点では、例えば、自分は秋から「2番打者」になりました。

「監督が決めたから、自分は2番打者なんだ」と思うだけじゃなくて、監督がなぜ自分を2番打者にしたかという意図を考えられるかどうかが大事です。

逆に、自分は「1番打者」になった。では、2番打者を生かすために自分はどういう働きがあるのか?考えてみたことはありますか?

そういう思考は勉強でも通じていきます。

勉強ではただやみくもに、暗記するだけでいいのか?
野球ではただ監督さんに言われたことを体現するだけでいいのか?

最初のうちは結果を残して褒められるけど、でも、何も考えてないので、結局3年生になったときに、あとからコツコツやってきた子に負けるパターンも多いと思います。

野球での上達も、勉強での点数アップも根底は同じです。
是非、共通性や法則、そして物事の背景や原理原則などを理解しながら、授業でもグラウンドでも頭を使って考えられる人間になると、文武両道がさらに実現できる選手になると思います。頑張ってくださいね!

須合さん、ありがとうございました!次回もお楽しみに!

◆オンライン学習スクール「Baseball Study」の詳細はこちら!◆

関連記事
東京大学野球部主将・笠原健吾さん(湘南高校出身)が考える「勉強を行う意味」と「文武両道の秘訣」
沖縄出身初の東京大野球部員 島袋祐奨(東京大)の「文武両道」を続けるための思考法

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs春日丘【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第1回 球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術【球児の親のためのコラム】
第134回 スポーツライター・手束仁氏による高校野球物知り教室【歴史編】【高校野球コラム】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い【高校野球コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■大学時代には北は北海道から南は沖縄まで、日本各地の高校野球部を50校ちかく取材。在学中に「球児とチームの心の成長」を描いたノンフィクション書籍を3冊出版。その後、株式会社リクルートの企画営業職を経て、高校野球ドットコムの創業期メンバーとして、初代編集長を10年間務める。現在はメディア統括を担当。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • ・野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全6巻(2013年~2019年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではないシリーズ(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム