第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方2020年10月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 前回は「球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術」を配信しましたが、今回は、野球と勉強の共通点について、小中高の球児に向けたオンライン学習サービス「「Baseball Study」」を運営する須合啓さん(株式会社Educe Japan代表)にお話をうかがいました。

 なんとなく分かっていたようなことも、改めて勉強と野球の共通点を比較すると、「確かに!」という発見も多いもの。今こそ、文武両道を実現したい球児にもオススメの内容です。

前回までの記事はこちらから!
球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術


須合啓さん

須合啓さん:野球は、得点パターンが何パターンあるか知っていますか?

全部で、「288」パターンあります。
だから、自分のチームの特徴を理解して、攻撃パターンを組み替えることができます。

自分のチームが左投手で、相手が下位打線の右バッターだったら前進守備にして、振り遅れもあるだろうから、ライト寄りにしようとか。ケースに応じて、予測できるのが野球です。
それは、勉強も一緒です!

例えば、数学の問題で「関数」を解くとします。
二次関数と一次関数が混合したものだったら、三角形の面積をまず出さないといけないので、ココとココに注目しないといけないよねとか。

英語であれば、ただ単語を覚えるだけでなくて、例えば、接頭語を意識して、頭にinがついている単語は「中に入る」という意味を持っているかどうかを理解しているかどうかで、覚えるスピードも変わってきます。

古文であれば、尊敬語と助動詞の法則を意識するとか、「なんでそうなるのか?」を時間かけて理解することができれば、その知識は他のことにも運用していけます。

勉強においても、『共通性』や『法則』を見抜く着眼点が、その子にあるかどうか。
ただ、やみくもにポカンとしながらでは問題は解けません。

これは野球でも一緒。

例えば、強豪高校の選手の多くは大きな体でバットをブンブン振ってくる点で捉えるバッティングをするから、縦のカーブとか緩いボールで勝負すればいいんじゃないか?
バッターがヒッチしてきたら、こういう攻め方ができるんじゃないか?

そういうことをチームでノートに書いたりして、言語化して、みんなで共通・共有することが大事。この問題に対して、みんなでどう捉えて、どう考えていくか。そういう意見をあぶりだして、言語を通して修正していくとチームも強くなっていきますよね。

【次のページ】 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
東邦vs春日丘【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第1回 球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術【球児の親のためのコラム】
第134回 スポーツライター・手束仁氏による高校野球物知り教室【歴史編】【高校野球コラム】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い【高校野球コラム】
第118回 夏の選手権、代替大会が切っ掛けとなり、高校野球新時代の方向性も見えてきた【高校野球コラム】

コメントを投稿する

プロフィール

安田未由
編集長 安田 未由(Myu Yasuda)
  • ■ 編集部の媒体プロデュース統括として、企画などを取りまとめる。
  • ■ <書籍>主な寄稿・出版物
  • 野球ノートに書いた甲子園 シリーズ全5巻(2013年~2017年/KKベストセラーズ)
    ・スポーツ感動物語 アスリートの原点「遅咲きのヒーロー」(2016年/小学館)
    ・甲子園だけが高校野球ではない 1&2巻(2010年~/監修・岩崎夏海/廣済堂あかつき出版社)
    ・ただ栄冠のためでなく(2011年/共著/日刊スポーツ出版社)
    ・「高校野球は空の色」「高校野球が教えてくれたこと」など大学時代に3冊出版
  • ■ 講演依頼
    講演・セミナー依頼受付中

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム