第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する2020年06月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 福島県高校野球連盟は5月29日に、県独自の大会を開催することを発表している。詳しい詳細は今後の会議で議論が重ねられるが、7月18日に「福島2020夏季高等学校野球大会」が開幕。トーナメント方式で大会は進む予定だ。

 今回は福島県高校野球連盟の小針淳理事長にお話を聞かせていただき、独自の大会を開催への想いを伺った。

ここまで我慢した選手たち、そして3年生のために



昨秋、東北大会に出場した磐城ナイン

 3年生に関しては選抜だけではなく、春の大会から何も大会を経験させてあげることができませんでした。対外試合に関しても、昨年の台風被害の影響で、学校や地域によっては10月中旬くらいから試合をしていないところもあります。

 子どもたちはここまで、大人たちが決めてきたルールに従って我慢をし続けてきました。その選手たちから「(大会を)やりたい」という声が出ているのであれば、開催に向けて検討するのが我々の責任だと思っています。

 独自の大会を開催するためにはハードルが高い部分もありますが、そこで高いからといって開催しないのではなく、出来るように取り組んでいくこともこちらの責任だと思います。

モチベーションを下げずに待っていてほしい


 まだ詳しい日程が決まらずに、開催をすることだけ先に発表したのは、選手たちのモチベーションが下がってしまうのを避けたかったので、お伝えしました。ですので、今は「モチベーションが下げず、頑張ってください」だけでも、選手たちに伝えられればと思います。

(取材=編集部)


関連記事
各都道府県の学校再開、夏の代替大会開幕予定一覧リスト
サーティーフォー保土ケ谷球場が7月1日から使用可能に!
緊急事態宣言解除を受け、社会人野球は6月6日にオープン戦解禁、7月1日から公式大会も実施可能

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】
第2回 東京の代替大会はどう開催されるのか?方向性や課題を 東京都高校野球連盟・武井克時理事長に聞く【独自の地方大会特集】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム