第2回 東京の代替大会はどう開催されるのか?方向性や課題を 東京都高校野球連盟・武井克時理事長に聞く2020年05月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3月2日から続く休校。開催のカギとなる、部活動再開の時期/無観客試合の中でも、スカウトの入場は認める方向
[2]無観客試合の中でも、スカウトの入場は認める方向
[3]上位校には秋のシード!それに東西東京の頂上対決も検討中/高校球児、高校野球ファンへのメッセージ



3月2日から続く休校。開催のカギとなる、部活動再開の時期



武井克時理事長

 新型コロナウイルスの影響で、センバツや春季大会に続き、夏の甲子園大会も中止になった。甲子園大会に代わるものなど、存在しないだろう。それでも、3年生のために何かできないか、という思いは、多くの人が持っているはずだ。そうした中、東京都高校野球連盟の武井克時理事長(専務理事)は、夏の甲子園大会の中止が決まる前から、甲子園大会が開催されても、されなくても、東西東京大会は開催する方針を明らかにしてきた。

 甲子園大会の中止が正式に決まった今、東西東京大会は、どのような形で開催されるのか。大会への思いと課題、方向性などを武井理事長に聞いた。

「今年の3年生は、センバツも春季大会も中止になり、関東大会もありません。そして夏の甲子園も途絶えました。今年に入り、公式戦を一度も経験することなく引退することは、あまりにも忍びない。夏の東西東京大会を準備していたので、それを生かして、できる限りの方向をみつけて、大会にこぎつけたいという思いです」

 武井理事長はまず、全国大会は中止になっても東西東京大会開催の準備をする理由と、その思いを語った。とはいえ、人口が多く、人口密度も高い東京は、新型コロナウイルスの感染者が最も多い。都立高校は3月2日から5月末まで休校の状態になっている。そういう状況下で都内の野球部の活動はどうなっているのだろうか?

「学校または球場では、ほぼ練習ができていない状況だと思います。特に都立高校は休校ということで、部活動は禁止になっています。それに合わせて私学もほとんどの学校が、やっていないのが現状だと思います。
 それに、学校が始まってもすぐに部活動解禁という形にはならないと思います。期末考査を含めて、夏休みがいつになったら始まるのか、この辺のところも未定ですので、学校が通常通り再開されるまでは、日程的なことに関しては、柔軟に調整しないといけないかと考えています」

 現在公表されている予定では、7月11日に開幕となっている。
「現在のところ、集合練習こそできませんが、ほとんどの学校の選手たちは、基礎的な運動はしていると思います。ですから、まったく運動しないまま始めるのとは違うと思います。大阪のスポーツ医学会の先生たちの話では、3週間、ないし2週間くらいで、感覚的なもの、筋肉、関節の機能などは復活できるそうです。また熱中症に対しても、2週間ほどあれば、体は適応していくという意見を頂きましたので、大会の3週間くらい前に練習が再開できれば、可能かと思っています」

 となれば、6月20日ごろに部活動は再開できれば、予定通りの開催が可能になる。しかし、夏休みは大幅に短縮される見込みで、大会開催となると、学校などとの調整も必要になる。

「おそらく8月になっても、半月くらいしか夏休みがないかもしれません。長くても3週間取れるかどうかです。大会参加の承諾は、学校長が最高責任者になっています。この時期しか大会ができないのだという説明を含めたお願いの文章を学校長に出して、ご配慮頂くということになると思います」

 東京では、球場を確保するのが容易ではない。そのため、開催できる時期は、どうしても限られてくる。

【次のページ】 無観客試合の中でも、スカウトの入場は認める方向

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第7回 「出来るように取り組むのが責任」 福島県高野連は選手の想いを叶えるべく尽力する【独自の地方大会特集】
第5回 「高校野球のバーチャル開会式」で加盟校の入場行進が実現!石川モデル第二弾の背景に被災地への思いも【独自の地方大会特集】
第6回 北海道高野連「夏季北海道高等学校野球大会」開催に向け準備進む【独自の地方大会特集】
第4回 離島の多さもハードルの一つに 長崎県高野連・黒江理事長が語る独自大会への構想【独自の地方大会特集】
第3回 全国最多の規模を誇る愛知の独自大会へ向けての構想【独自の地方大会特集】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム