第14回 2011年選抜準V!福岡の強豪・九州国際大付の戦績・卒業生の進路を紹介!2020年05月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園通算戦績、プロ入りした選手
[2]主な選手の進路<2011〜2014年卒>
[3]主な選手の進路<2015〜2018年卒>
[4]主な選手の進路<2019〜2020年卒>

 2014年から夏の福岡大会3連覇を達成した福岡の強豪・九州国際大付。北九州市に属する九州国際大附は、1930年に九州法学校として創立され、その後、1958年に八幡大学の付属高(男子部)として設立。1989年に現校名となった。

 共学になったのは2010年からで、翌2011年の選抜大会では準優勝を果たし、近年の福岡の高校野球の筆頭にいる存在だ。今回はそんな九州国際大付のこれまでの甲子園での戦績、プロ入りを果たして選手、主な卒業生の進路先を紹介したい。

甲子園通算戦績



九州国際大付のユニフォーム

夏 7回出場 5勝7敗 
春 2回出場 4勝2敗 準優勝1回

1979年(夏)2回戦敗退(八幡大付)
1982年(春)1回戦敗退(八幡大付)
1982年(夏)1回戦敗退(八幡大付)
2009年(夏)3回戦敗退
2011年(春)準優勝
2011年(夏)2回戦敗退
2014年(夏)1回戦敗退
2015年(夏)準々決勝敗退(ベスト8)
2016年(夏)1回戦敗退

プロ入りした選手



髙城 俊人、清水 優心

 福岡を代表する逸材が集結することもあって、伝統的に大型選手が多い。現在は6名が現役選手としてプレーをしている。

【現役】
富山 凌雅(トヨタ自動車-オリックス)
古沢 勝吾(福岡ソフトバンク)
清水 優心(北海道日本ハム)
三好 匠(東北楽天-広島東洋)
髙城 俊人(横浜DeNA-オリックス-横浜DeNA)
二保 旭(福岡ソフトバンク)

【引退】
外園正(読売-横浜大洋)(八幡大付)
日高剛(オリックス-阪神)
加藤 大輔(神奈川大-オリックスー東北楽天)
河野元貴祐(読売)
榎本 葵(東北楽天-東京ヤクルト-富山GRNサンダーバーズ)
児玉龍也(神奈川大-福岡ソフトバンク)
山本 武白志(横浜DeNA)

【次のページ】 主な選手の進路<2011〜2014年卒>

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第947回 群雄割拠だった福岡大会を総括!それでもやっぱり筑陽学園は強かった【大会展望・総括コラム】
第941回 福岡県は実力校多数!どこが勝ち抜けるか?!【大会展望・総括コラム】
第960回 中学生らしからぬ「大人な」好捕手・ 落合真洋(福岡ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第593回 一球の怖さを思い知り逆襲を期す「福岡の横綱」 九州国際大付(福岡)【野球部訪問】
第591回 秋季福岡大会ベスト4・小倉工レギュラー座談会「根拠のあるプレーで古豪復活を目指す」【野球部訪問】
第918回 無欲で打席に立ち続ける福岡ナンバーワンの長距離砲 葛城陸(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
第917回 背中で引っ張る「不言実行」の主将力 中川壱生(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
第911回 無力を悟り試行錯誤に明け暮れた一年間 下村海翔(九州国際大付) 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
盛岡大附vs九州国際大付【第98回全国高等学校野球選手権大会】
九州国際大付vs福岡工大城東【福岡県 2016年夏の大会 第98回選手権福岡大会】
秋田商vs九州国際大付【2015年 第70回国民体育大会 紀の国わかやま国体2015】
早稲田実業vs九州国際大付【第97回全国高等学校野球選手権大会】
九州国際大付vs作新学院【第97回全国高等学校野球選手権大会】
九州国際大付 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム