第9回 夏優勝2回、9年連続甲子園出場の栃木の王者・作新学院の戦績・卒業生の進路を紹介!2020年05月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園通算戦績
[2]プロ入りした選手
[3]主な選手の進路<2010〜2015年卒>
[4]主な選手の進路<2016〜2018年卒>[5]主な選手の進路<2019〜2020年卒>

 夏の甲子園に2011年から9年連続で出場中の栃木の名門・作新学院。1962年の春夏連覇、「怪物」と称された江川 卓投手を擁し全国区となり、近年もその強さは顕在である。2016年に今井 達也を擁し54年ぶりの全国制覇を達成。また、軟式野球部も選手権大会優勝9回を誇る強豪で、女子野球部も昨年選手権大会で初優勝を果たしている。

 そんな文字通り「野球」強豪校の作新学院ののこれまでの甲子園での戦績、プロ入りを果たして選手、主な卒業生の進路先を紹介したい。

甲子園通算戦績



作新学院

夏 15回出場 27勝13敗 優勝2回
春 10回出場 12勝9敗 優勝1回

1958年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
1961年(春)2回戦敗退
1962年(春)優勝
1962年(夏)優勝
1964年(夏)2回戦敗退
1971年(春)2回戦敗退
1973年(春)準決勝敗退(ベスト4)
1973年(夏)2回戦敗退
1977年(春)1回戦敗退
1978年(夏)1回戦敗退
1979年(春)1回戦敗退
2000年(春)準々決勝敗退(ベスト8)
2004年(春)1回戦敗退
2009年(夏)1回戦敗退
2011年(夏)準決勝敗退(ベスト4)
2012年(春)2回戦敗退
2012年(夏)準々決勝敗退(ベスト8)
2013年(夏)3回戦敗退
2014年(夏)2回戦敗退
2015年(夏)3回戦敗退
2016年(夏)優勝
2017年(春)2回戦敗退
2017年(夏)1回戦敗退
2018年(夏)1回戦敗退
2019年(夏)準々決勝敗退(ベスト8)

【次のページ】 夏優勝2回、9年連続甲子園出場の栃木の王者・作新学院の戦績・卒業生の進路を紹介!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第645回 伝統の男子に負けない高い意識と目標で全国制覇を果たす 作新学院女子硬式野球部【野球部訪問】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs岡山学芸館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
前橋育英vs作新学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
作新学院 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム