目次

[1]見応えのあった宮本恭佑投手、安福拓海投手の投げ合い
[2]唐箕投手、篠原投手は体の強さに注目

 高校野球は、夏の甲子園が開催中であるが、8月が中学野球も全国規模の大会が行われた。
 8月2日~6日まで、日本リトルシニア選手権大会が宮城・山形県内で行われ、高校野球ドットコムでも「次世代の注目高校球児」を求めて、仙台市民球場での試合を3日間取材させていただいた。

 今回はその中で、活躍を見せた投手を独自に10名ピックアップ。3年後の活躍を楽しみにしながらご覧頂きたい。


見応えのあった宮本恭佑投手、安福拓海投手の投げ合い



宮本 恭佑(東練馬シニア)、安福 拓海(神戸中央シニア)

 まず東北勢初優勝を飾った青森山田シニアからは、エースの櫻田 朔投手が目についた。角度のあるフォームから投げ込む直球は最速132キロを記録し、リリーフとして奮迅の投球でチームの日本一に貢献。
 身長182センチ、体重67キロと投手らしい体格も魅力だが、曲がりの大きなカーブはカウントを取るボールにも、決め球にもなるボールで緩急を使った投球も特徴だ。

 また準優勝を果たした東練馬シニアのエース・宮本 恭佑投手も、大きなポテンシャルを秘めた投手だ。最速136キロの直球に、ブレーキの利いたカーブのコンビネーションで、2回戦の神戸中央シニア戦では見事完封勝利を挙げる好投。元プロ野球選手の宮本 慎也さんの息子である点も注目されるが、実力の高さをしっかりと示した。

 そしてその宮本投手と熾烈な投手戦を演じたのが、神戸中央シニアの左腕・安福 拓海投手。
 左スリークォーターから140キロに迫る力のある直球を投げ込み、スライダーのキレも抜群。インステップ気味のフォームから投げ込むクロスファイヤーは大きな脅威で、宮本投手、安福投手の投げ合いは非常に見応えがあった。

 秋田北シニアの登藤 海優史投手は、171センチ・63キロと体は細身だが体のバネと上手さを感じさせる右腕だった。
 飛び跳ねるようなフォーム投げ込む直球は、最速131キロを記録してキレも抜群。また登藤投手は打者としても1番打者に座っており、高いミート力と俊足を活かして活躍を見せた。今宮 健太選手(福岡ソフトバンクホークス)のような投打でセンスを感じさせる選手で、ここからの成長もとても楽しみだ。