目次

[1]強肩と人間力を見せた加藤右悟選手
[2]紺野、藤田の両投手が潜在能力の潜在能力の高さを示す


 5月22日、29日の2日間にわたり、ボーイズ東日本ブロック選考会が行われ、計40名の選手が参加した。この選考会は、8月に開催予定の「鶴岡記念大会」、そして「2021世界少年野球大会」の出場選手選考の場で、選手たちは日本代表の称号を目指して自慢のプレーでアピールした。

 今回は選考会の様子をお伝えしていきながら、その中で目についた選手や結果を残した選手を紹介していきたい。

強肩と人間力を見せた加藤右悟選手


 まずは5月22日の1日目。
 埼玉のケイアイスタジアムで行われたこの日は、厚い雲が空を覆い気温が上がらず肌寒い中で選考はスタートした。
 ウォーミングアップを終えた選手たちは、ベースランニングのタイム測定を行い、その後シートノック、シート打撃とメニューをこなしていく。

 まずベースランニングのタイム測定では、麻生ボーイズの矢竹 開選手が3.34秒を記録しトップ。またダイヤモンドの一周のタイムは、横浜緑ボーイズの森 駿太選手が14.72秒のタイムでトップとなった。
 矢竹選手は足の回転数が非常に目を引き、一方の森選手は大きなストライドの力強い走りが光る。三塁ベースを回ってからも、スピードが落ちること無くパワフルな走りでダイヤモンドを駆け抜けた。

 そして、続いて行われたシートノックでは、内野の守備で高崎ボーイズの佐々木 貫汰選手が存在感を見せた。埼玉西武ライオンズジュニアに選出された実績もある佐々木選手は、決して派手さのあるタイプではないが堅実な捕球や軽快な足捌きに魅力がある。指導者からすれば、安心して見ていられる選手ではないだろうか。

 またこの日はキャッチャーの選手が7名参加したが、「捕手の見せ場」と言える二塁送球では、県央宇都宮ボーイズの加藤 右悟選手がトップの1.95秒を記録。
 加藤選手は参加選手のまとめ役も務めており、ウォーミングアップから先頭に立って場を盛り上げた。捕手としても、リーダーとしても存在感を見せ、この日特に目立った選手であった。

 そして最後のメニューであるシート打撃では、県央宇都宮ボーイズの野島 爽投手、横浜緑ボーイズの宮崎 慶投手の力投もあり、投手陣のアピールが目立ったが、その中でも大きなポテンシャルを感じさせる選手はいた。

 ダイヤモンド1周のタイムでもトップに立った横浜緑ボーイズの森 駿太選手は、鋭く大きなスイングでスケールの大きさを感じさせた。184センチ・75キロの体格から球場の通算本塁打は10本に達しており、本職はショートであるが投手としても最速137キロを記録する。当たりこそ無かったが、潜在能力の高さはひしひしと伝わってきた。

 またスラッガータイプでは、西多摩ボーイズの高橋 徹平選手が体全身を使った猛烈なスイングを見せ、選考委員の指導者の度肝を抜いた。高橋選手もこの日は当たりはなかったが、投手としてもパワフルなピッチングを見せ、非常に大きなインパクトを残した。