第2回 目標は消えても仲間は消えない。夏将軍・松山商が今治西を率いてきた大野 康哉監督の下で再始動2020年05月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【松山商の練習の模様をギャラリーでみる】
[1]新たな想いを胸に活動再開
[2]選手それぞれの良さを見つけ、目標と目的の達成へ



新たな想いを胸に活動再開



発声の制限が付いた1・2年生のキャッチボール

 これまで甲子園通算80勝(春20勝・夏60勝)・全国制覇7回(春2回・夏5回)の名門を誇りながら、4月8日(水)からの部活動休止・休校措置により他の県立高と共に全体練習を停止していた県立松山商(愛媛)野球部が5月25日(月)のミーティングから再始動。

 県立今治西で春夏通算11度の甲子園出場。2007年秋田国体優勝を成し遂げた大野 康哉監督にとっても、松山商異動後初となる選手指導となった。

 大野監督は、まず5月25日(月)には1・2年生部員にはあらかじめメニューを与えての個人練習を課し3年生部員全15名とは個人面談。事前に3ページにわたる「松山商業高校野球部3年生の皆さんへ」を配布した上で、「自分自身の決断し、個人の決断が全員が尊重する」などを約束した上で全員の意思を丁寧に確認した。

 結果、3年生は「甲子園という目標は消えてしまったけど、頑張ってきた仲間たちは消えない」とコメントした主将の国澤 彪馬(二塁手・右投右打・168センチ64キロ・松山市立久米中出身)をはじめ全員が愛媛県高野連が8月上旬に開催を目指している県独自の大会までの高校野球継続を表明。

 指揮官も選手たちの男気に「大変感激したし、大人が思っているほど、子どもたちは弱くない。改めてしっかりやっていこうと思った」と、新天地での誓いを新たにした。

【次のページ】 選手それぞれの良さを見つけ、目標と目的の達成へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
小松vs松山商【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会】
松山商vs松山東【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第3回 かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1回 「奇跡のバックホーム」を生んだ「松山商・熊本工」平成の名勝負のあった年は、 公立商業校と工業校が活躍し昭和感を蘇らせた時代でもあった【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
松山商vs小松【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
済美vs松山商【愛媛県 2017年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
松山商 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム