第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光2019年12月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]1.春の松山聖陵、夏の宇和島東、悔しい甲子園初戦敗退
[2]2.済美・山田 響・前人未到の坊っちゃんスタジアム高校生公式戦5本塁打!/3.県勢2年生右腕に「140キロ超」続出!

1.春の松山聖陵、夏の宇和島東、悔しい甲子園初戦敗退



宇和島東

 昨年は県大会3位から秋季四国大会準優勝まで駆け上がり、2年連続2度目のセンバツ出場を果たした松山聖陵大分(大分)に1対4。夏の愛媛大会決勝戦でその松山聖陵を破ってノーシードから9年ぶり9度目の夏甲子園出場を決めた宇和島東も初戦で宇部鴻城(山口)に3対7。愛媛県勢は2014年の今治西(春)小松(夏)以来5年ぶりとなる悔しい春夏連続初戦敗退に終わった。

 2校が敗戦に至ったにはそれぞれ様々な要素が絡み合っているため、一概にまとめるのは難しいが、1つ共通項をあげれば「相手を見た準備の不足」がある。

 松山聖陵は中本 恭平監督(当時・現:副部長)は大分のチーム状況を把握するも、選手たちへの落とし込みと選手個々の対応力には課題が残る内容に。宇和島東は9年前より練習の質は高まっていたが、相手打者・投手への「読み不足」が後手を踏む一因となった。

 甲子園に出場することはそれ自体が価値があることは間違いないが、勝利への最善を尽くした上で目標を達成できれば、チームと個々にさらなる収穫が得られることも確か。2校以外の各校も2019年の悔しさを他山の石として「甲子園勝利のために何が必要か」を常に頭に置いて頂ければ幸いである。

【次のページ】  2.済美・山田 響・前人未到の坊っちゃんスタジアム高校生公式戦5本塁打!/3.県勢2年生右腕に「140キロ超」続出!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小松川vs都立広尾【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第5回 覚醒間近!2020春に推したい四国の4名それぞれの魅力はどこにあるのか【センバツ2020】
第74回 通算180本塁打のスラッガー・浅村栄斗(東北楽天)が大阪桐蔭に入学した意外なワケ【恩師が語るヒーローの高校時代】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs小松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
新田vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
安樂智大(済美)
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
越智 達矢(丹原) 【選手名鑑】
舩田 清志(宇和島東) 【選手名鑑】
平安山 陽(松山聖陵) 【選手名鑑】
山田 響(済美) 【選手名鑑】
和田 真虎(宇和島東) 【選手名鑑】
今治西 【高校別データ】
今治西伯方 【高校別データ】
宇部鴻城 【高校別データ】
宇和 【高校別データ】
宇和島東 【高校別データ】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
小松工 【高校別データ】
小松商 【高校別データ】
都立小松川 【高校別データ】
西条 【高校別データ】
西条農・今治北大三島 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
丹原 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
東温 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
松山工 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム