第15回 ふたば未来学園(福島県) 「創部5年の新鋭校!明るく楽しく、キツい時こそ笑顔で!」2020年02月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]2015年創設の新しい学校!
[2]副主将が語る今の課題/この冬を乗り越え、夏の甲子園出場へ

2015年創設の新しい学校!



さらなる打撃力向上を目指すふたば未来学園

■創立5年目の県立中高一貫校

 2011年の東日本大震災以前、双葉郡には双葉高校、浪江高校、浪江高校津島校、富岡高校、双葉翔陽高校の5校があったが、震災を機に全校で生徒募集を停止した。震災の4年後の2015年に開校したふたば未来学園。双葉郡唯一の高等学校で、県立の中高一貫校でもある。真新しい校舎とグラウンドから『動く授業』『世界とつながる』『夢を見つけるたくさんの「小さな窓」をキーワードに福島の復興を支える。

■悔いの残った学法福島戦

 野球部は1年生3名、2年生9名の12名のふたば未来学園。昨夏福島大会では、準々決勝進出を果たし、秋季は県大会2回戦まで圧倒的な打力をもって勝ち進み、準々決勝まで勝ち残った。

 その準々決勝、学法福島戦は主将の藁谷翼も、
 「相手に先制され、自分たちの流れに持っていくことができず、そのままずるずるといってしまいました。その時は絶対打ってやるという気持ちがありましたが、最後まで反撃することができず、結果的に自分のエラーで負けてしまったので、とても悔しい思いをした試合でした。」
 と印象に残る試合としてあげるほど、悔いの残った試合であり、間違いなくこの冬のさらなるレベルアップの原動力となっている。

■冬のテーマは”力”をあげる

 まず、遠藤太監督に新チーム始動から秋の大会までを振り返ってもらった。

 「新チームは選手12人で、前チームのレギュラーは2人だったので、まずは個々の能力を見ることに重点を置いて、練習・試合に取り組みました。秋の大会では支部大会から県大会初戦までのイメージ通り勝ち上がりましたが、学法福島に8安打を放ちながら、無得点におわり失策がらみで失点し敗れました。冬のテーマとしては、シンプルに筋力やメンタルの個々の「力」をアップし、チーム全体の“力”をあげていきたいと考えています。」

 打って勝つチームとして、あと一本が出るかが勝利の鍵となることを実感した学法福島戦。この冬の課題として選手たちも、それは共通認識のようだ。

■副主将・前川翔「チャンスで一本打つ」

 副主将・前川翔は1年秋から捕手として試合に出場している。そんな前川が挙げた秋の大会後の課題として、「チャンスで一本打つ」ということが力強く述べられていた。そのためにこの冬は体重を増やし、足腰の強化に励みさらなる打撃力の向上を目指す。

【次のページ】 4パターンのランメニューで下半身強化

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八戸西vs福島商【2020年秋の大会 第73回秋季東北地区高等学校野球大会】
福島商vs堀越【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
第28回 聖光学院(福島)【13年連続16度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第931回 聖光学院の13連覇に待ったをかけるチームは現れるか?福島県の戦歴を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第6回 福島商(福島)「選手一人一人が夏、春までの目標を真剣に考える」【冬が僕らを強くする2019】
第23回 県立湯本高等学校(福島)【冬が僕らを強くする2018】
第67回 光南高等学校(福島)【僕らの熱い夏2017】
聖心ウルスラvs福島【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
鵬翔vs福島【宮崎県 2016年夏の大会 第98回選手権宮崎大会】
都城vs福島【宮崎県 2016年 第63回宮崎県高等学校野球選手権大会県南地区予選】
石川 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
川口 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
遠野 【高校別データ】
富岡 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
ふたば未来学園 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム