第1回 自信と課題を見つけた秋 沖縄尚学はすべてでベストを尽くし、さらなる高みを目指す冬へ!2019年12月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]何をやるにも、最後まで気を抜かずやり抜く!
[2]自分のパワーポジションを見つける/選手個々が抱くこの冬の課題

何をやるにも、最後まで気を抜かずやり抜く!



沖縄尚学ナイン

 「お前ら、メンバーを引っ張れてないじゃん!」

 比嘉公也監督が叱咤したのは、主将與谷をはじめとした甲子園出場メンバー。秋の県大会の決勝、そして九州地区高校野球大会準々決勝と、最終イニングで不甲斐ない姿が続いた沖縄尚学。相手を活気付かせた一つの原因が、甲子園メンバーのエラーだった。

 「殆ど、グローブは綺麗にしてくるのですが、スパイクを疎かにする子がいるので。」

 並べられたスパイク。その上にグローブが置かれる。その一つ一つを、つぶさにチェックしていた伊志嶺大吾副部長。例えピッチャーのPカバーであっても、汚れ(土)が目立つと「ダメですね」とダメ出しする。
 「凄い高いでしょう。親に買ってもらって。それで野球やってるのに、毎日磨くことが出来ないのでは。」ホンの小さな事。足下を見つめる事。出来ることは徹底しようと各自で励ましあう。

 「例えば授業時間。あ、あと5分で終わりだなと。これまではそう思っていました。でもそれが八重山農の9回、明豊の9回に出てしまった。本当に普段の態度から見直そうと頑張っています。」

 主将の與谷 友希がみんなを代弁する。みんなでテスト勉強をしていても、あと少しで終わるな。と思ってしまっていた。何気ない気持ち。しかしそれが出てしまうのが野球なのだ。どんなことにもやり抜くまで気を抜かない。この冬のテーマだ。



投内ノックの様子

 取材に訪れた朝のメニュー。打撃陣と投手陣は別メニュー。先に顔が歪んでくるようなキツイ練習を始めたのは投手陣だった。専用グラウンドの尚学ボールパークは、ホームベース付近からレフト、ライトを経て帰ってくると300mある。「全員50秒台で帰って来いよ〜。」「ハイっ!」長身右腕の嘉陽が引っ張り50秒前半でゴール。

 エース永山は55秒ほど。「な〜が〜や〜ま!」本塁ベースから届く声で外野を走る永山への叱咤が響く。60秒近くかかる一年生にとってはまだ体力が無く、厳しいを通り越してしまうが、比嘉監督は容赦しない。「お前、論外だよ!」名門の扉を叩いた以上、上級生だろうが下級生だろうがついていってもらう。その積み重ねの先無くして、甲子園出場、全国制覇はあり得ない。

 「僕はストップウォッチで計るとか、身体を大きくするとか、こういうバランスの練習があるよとか。そういう引き出しを持っているだけ。その引き出しから、彼ら一人一人が何を選択していくかだと思います。」

 結局は、自分が思うように投げられるかどうか。一つを押し付けるのではなく、選手が自主的に選択出来るように監督自身が引き出しを多く持つ。

 300mを駆け抜けた投手陣に与えられるのは30秒。ここで息を整えなければならない。
「5,4,3,2,1,GO!」この日の300m走は7本だったが、5,6本目になると「ここ!ここ!お前らが弱いところ!やり抜け!」と声がかかる。
 秋の王者の姿を想像していると、良い意味で裏切られる。沖縄尚学は、全員がチャレンジャーだ。

【次のページ】 自分のパワーポジションを見つける/選手個々が抱くこの冬の課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
與谷 友希(沖縄尚学) 【選手名鑑】
沖縄尚学 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム