目次

[1]高知商、松山商を追いかけてきた徳島商
[2]野球後進県的にあった高知県から現れた高知商

高知商、松山商を追いかけてきた徳島商


 高校野球の前身となるのがかつて中等学校野球である。現在の高校生世代に当たる旧制中等学校と商業学校、工業学校などが出場していて、その第1回全国中等学校優勝野球大会(1915年)こそ現在の全国高校野球の原点である。

 その10年後にはセンバツの前身となる中等学校選抜野球大会も春に開催されることになる。その最初の優勝校が高松商だった。さらに翌年の選抜大会は高松商松山商という四国の2校で決勝が争われ松山商が優勝している。高松商はその年の夏に優勝を果たしている。そして高松商はその2年後にも優勝を果たすなど、その時代に全盛期を誇った。

 高松商松山商は昭和の中等野球~高校野球の時代に久しくライバルであり続けた。
 松山商は学校創立の1902(明治35)年に創部している。高松商の学校創立はそれより1年早く香川商として設立している。ただし創部は1909(明治42)年となっている。

 松山商が高松遠征してきて高松中と試合をしたことなどにも触発されたようだ。全国大会代表を決める四国大会には第1回大会から出場している。第2回大会には全国出場して関西学院に勝利して初勝利を挙げている。松山商は全国に登場するのは1933(大正8)年の第5回大会だが初戦で竜ケ崎中を下している。



松山商

 ここから四国の雄として両校のライバル関係が続いていくことになる。
 1924(大正13)年の第1回選抜中等学校野球大会では高松商が優勝。さらに翌年は決勝で松山商高松商を下して優勝。その年の夏は高松商が優勝するなど、その実力はまさに当時の日本一を誇った。

 1927(昭和2)年夏(第13回大会)にも高松商が優勝している。松山商も1930(昭和5)年春、32年夏に準優勝。38年夏には全国優勝を果たす。

 この両校を追うようにして台頭してきたのが徳島商だ。
 徳島商の創部は高松商の翌年で四国大会には第1回大会から参加しているが、四国大会ではなかなか壁を破れなかった。1935(昭和10)年春に初出場。その2年後の春にはベスト4に進出して存在を示す。こうして戦前の中等野球時代は四国3商が競い合っていくことになる。

 徳島商は太平洋戦争の戦況悪化で甲子園大会が中止になった1942(昭和17)年の文部省主催となった全国大会で優勝しているという歴史も有している。そして戦後に復活した最初のセンバツとなった1947(昭和22)年春に全国優勝。これで、松山商高松商などに肩を並べる存在になっていったとも言えよう。