第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由2020年01月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]鳥取の高校野球を牽引してきた米子東と鳥取西
[2]米東で親しまれた米子東が19年の春夏連続出場がもたらしたもの

鳥取の高校野球を牽引してきた米子東と鳥取西



鳥取西ナイン

 高校野球の歴史を語る上で、鳥取西は絶対に外すことのできない存在である。というのも、1915(大正4)年に始まった、現在の夏の全国高校野球選手権の前身となる全国中等学校野球優勝大会に鳥取中として出場を果たして開幕第一戦を戦っているからだ。

 しかも、後攻めの鳥取中は、鹿田一郎投手が歴史的第1球を投じている。こうして、高校野球の長い歴史がスタートしているのだ。そういう意味では、まさに全国を代表する伝統校という存在でもある。

 しかも、地元では屈指の進学校でもあり、同じく第1回の鳥取県大会から皆勤を続けている米子東とは文武を通じて長い間のライバル関係にあり、昭和の時代には甲子園出場を競い合ってきている。

 鳥取西は1873(明治6)年に前身の中学が設立され、その後鳥取中~鳥取一中を経て、学制改革で鳥取西となった。創部も1896(明治29)年で、岡山県の津山中や松江中(現松江北)などとも試合をしている。

 第1回中等野球山陰大会では杵築中(現大社)を下して全国大会へ進出している。そして、開幕試合を戦うこととなるのだ。試合も、広島中(現広島国泰寺)を14対7で下して、歴史的な勝利を挙げている。

 現状では2008(平成20)年夏が最後となっているが、春4回、夏23回出場で通算25勝27敗は県内随一の記録である。

 ユニフォームはエンジをベースとしたものとなっている。鳥取西のエンジは、そのベースが早稲田にあったことを意味している。伝統校では、こうして最初の野球導入のルーツをユニフォームの形やデザイン、カラーにおいて残しておくということはよく見られる傾向でもある。これもまた、伝統校としての誇りとも言えるものでもある。

 これに対して米子東は爽やかなグリーンをベースとしたカラーで、これはスクールカラーに準ずるが、文字は創部当初に指示した慶應義塾に倣ったゴシック体で「YONAGO」となっており鳥取西のワセダ文字での「TOTTORI」との対比にもなっている。

【次のページ】 米東で親しまれた米子東が19年の春夏連続出場がもたらしたもの

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第7回 春夏通算59回の出場を誇る名門・中京大中京の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1139回 センバツで見たかった世代屈指の剛腕・高橋宏斗(中京大中京)。なぜ圧倒的な投球をテーマにしているのか? 【2020年インタビュー】
第1137回 ノーステップ打法で打撃開花。世代トップクラスのショート・中山礼都(中京大中京)は選抜の活躍で夢叶える 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1134回 中京大中京が誇る鉄壁の二遊間「ナカナカコンビ」中山礼都×中嶌優の決意! 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
秋田商 【高校別データ】
岩槻北陵・大宮商・大宮西・大宮武蔵野 【高校別データ】
大宮 【高校別データ】
大宮 【高校別データ】
大宮商・新座・和光・越生 【高校別データ】
大宮商・いずみ・大宮西・大宮武蔵野 【高校別データ】
大宮武蔵野・岩槻北陵 【高校別データ】
倉吉北 【高校別データ】
倉吉東 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
広島国泰寺 【高校別データ】
大社 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
鳥取城北 【高校別データ】
鳥取西 【高校別データ】
松江北 【高校別データ】
松阪商 【高校別データ】
米子松蔭 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム