目次

[1]池田の昭和の歴史はそのまま蔦監督の歴史
[2]甲子園優勝3回、準優勝2回。今なお輝き続ける池田の実績

 まさに、「金属バットの申し子たち」それが池田の全盛期を象徴する言葉と言ってもいいものだった。「池田は特殊な金属バットを使っている」「池田は金属バットをベンチ裏で冷ている」など、そんな噂がまことしやかにささやかれるようにもなっていた。それくらいに、金属バットがすっかり定着した80年代前半に池田のバットは快音を響かせ続けて、その音が「やまびこが響くようだ」ということで“やまびこ打線”とも称された。そんな高校野球でエポックメイクだった池田の存在である。

池田の昭和の歴史はそのまま蔦監督の歴史


 池田高校は1922(大正11)年に徳島県立池田中学として創立され、戦後の学制改革でそのまま高校になっている。そして、1949(昭和24)年から共学校となり、三好農を統合したが、すぐに農業科は三好農林として独立している。野球部の創部は戦後で、同好会としてスタートして47年に創部したが、山の中の学校でもあり、練習試合の対戦相手にもなかなか恵まれないということもあってか、すぐに実績を挙げていかれるという状況にはならなかったようだ。

 しかし徳島商で活躍し同志社大へ進学し、その後は全徳島などで都市対抗野球にも出場しプロ野球の東急にも入団した実績のある蔦文也監督が、東急を退団して1951(昭和27)年に監督就任。その後、92年に勇退するまで池田一筋で高校野球の歴史を塗り替えるほどの実績を残していく。

 つまり、池田の昭和の歴史はそのまま蔦監督の歴史ということも言えるのだ。
 蔦監督の池田は比較的早くから実績を示し始める。55年秋季県大会で初めて決勝進出。57年夏には当時の南四国大会に進出。

 さらに70年、71年と連続で南四国大会に進出して、三度目の正直で徳島商を下して甲子園初出場を果たす。「山あいの町の子供たちに一度でいいから大海(甲子園)を見せてやりたかったんじゃ」という言葉を残している。初出場で浜田を下して初勝利も記録した。

 そして、池田が最初に大きくスポットを浴びたのが74年春で、初のセンバツ出場はベンチ入り僅か11人で戦いながら1回戦で函館有斗、2回戦で防府商、準々決勝では延長の末倉敷工に競り勝ち、準決勝でも和歌山工に2対0と辛勝。あれよあれよと決勝進出を果たした。

 決勝では報徳学園に敗れはしたものの、「さわやかイレブン」とメディアにもてはやされた。しかし、ことのほかさわやかさを強調してクローズアップしていこうとするマスコミに対して蔦監督はこう言い切った。
 「爽やかでも何でもないんじゃ。ワシのしごきがきついけんみな逃げ出してしもうて、残ったんが11人だったということだけじゃ」

 とはいえ、これで池田は徳島では徳島商鳴門に続く存在として評価されるようになった。翌75年春も出場したが報徳学園に返り討ちされる。そして、79年は春夏連続出場。春はベスト8、夏は決勝進出。箕島に敗れたが準優勝でこれが、池田時代到来の大いなる助走になった。

 こうして迎えた82年夏、エースで4番に畠山準投手(南海→横浜)を擁して、圧倒的打力を看板として優勝。3番江上光治(早稲田大→日本生命)と5番水野 雄仁(巨人コーチ)の2年生が強力だった。

 荒木大輔投手(ヤクルトなど)を擁する早稲田実業が14点も奪われて粉砕され、決勝戦で広島商に12対2と打ち勝った試合が、高校野球新時代到来の象徴とも言われた。