第9回 経営者としての自分は野球で形作られている。高校野球もサイバーエージェント時代もチームの中でどう存在感を発揮するかが鍵でした 株式会社デジタルアイデンティティ・鈴木謙司社長(船橋東OB)2020年09月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]阪神ファンの父、巨人ファンの母の家庭で生まれ育った
[2]船橋東で社会人としての基本が出来た
[3]やりたいことを見つけたいから経営者へ
[4]3年間の経験を1つも無駄にせずに今へ

 鮮やかな青色のシャツにグレーのジャケットと半ズボン。インタビュー中にも見せる笑顔も含めて、“爽やか”という言葉が似合う鈴木謙司社長。現在は、コンサルティング業務を主とした「株式会社デジタルアイデンティティ」を経営している。

 そんな鈴木さんは高校時代、戦国千葉の船橋東で3年間高校野球に打ち込んできた元高校球児だ。鈴木さんが野球に携わるきっかけをくれたのは6つ上の兄だった。

このシリーズの他の社長のストーリーを読む!
【一覧】人生で大切なことは高校野球から教わった

阪神ファンの父、巨人ファンの母の家庭で生まれ育った



インタビューに応じる鈴木謙司さん

 「僕は次男なんですが、地域に同級生がいなかったので、6つ上の兄や兄の友人とずっと野球をやっていたんです。ですので、物心ついたときには壁当てをやっていましたし、遊び相手がいなければ1人で1日中壁に向かって練習していました。また父が阪神、母がジャイアンツファンだったこともあり、プロ野球の中継は毎日みていましたね」

 小学校に入学すると、地域の野球チームに入部。
 しかし、キャッチボールする相手が当時は年上ばかりだったことで、一時はチームを離れたが、3年生になると再びチームに戻って野球に対して本格的に向き合うようになる。

 それから中学へ進んだ鈴木さん。
 「レベルの高い船橋市内でも優勝できる実力を持ったチームでしたが、監督がかなり怖い人でした」と当時を振り返る。

 練習の厳しさはもちろんのこと、常にみられている緊張感の中で毎日、練習に打ち込んだ。

 そんな環境の中で、鈴木さんは中学3年時には、主将となり、また4番・捕手で活躍。「主将にはなりましたが、ベンチにいることは嫌だったので、とにかく上手になって試合に出られるように練習しました。環境(役職)が人を育てるではないですが、主将になったことで、かなり成長できたと思います」

 その後、自宅から近い船橋東へ進学する鈴木さん。ここから高校野球の世界に飛び込んでいくことになるが、進学の決め手をこのように語る。

 「高校の監督が、中学時代の監督と知り合いだったこともあり、中学の監督に勧められたんです。実際、僕の中でも自分の実力からして強豪校でレギュラーになるのは難しいなと思って、選手として負け続けるのは嫌でしたし、やるなら勉強とバランスよく一生懸命取り組めて、なおかつ、甲子園に行ける可能性のある船橋東に進みました」

 想像通り練習はハードなものだったが、現在の鈴木さんの下支えとなるような「経営者としての考え」をここ船橋東で多く学ぶことができた。

 「練習量は多くて時間も長いので、きつかったです。実際に同級生20人のうち、半分くらいは吐いてしまって休んでしまうほど。とくに大変だったのはミーティングでした。
 練習時間と同じくらいやるのですが、そこでは『野球人である前に人であれ』といった道徳に近い話が多かったんです。その時は話が長いと感じることもありましたが、今は『ビジネスマンである前に人であれ』と思っているので、当時の学びが現在の土台になったと思います」

【次のページ】 船橋東で社会人としての基本が出来た

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
我孫子東vs船橋東【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
習志野vs船橋東【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
船橋東vs津田沼【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
船橋芝山vs船橋東【千葉県 2017年春の大会 千葉県大会 一次予選】
第426回 【千葉展望】序盤から好カードが目白押し!どこが抜けだしてもおかしくない激しい大会に!【大会展望・総括コラム】
千葉日大一vs船橋東【千葉県 2015年夏の大会 第97回選手権千葉大会】
船橋東 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム