第12回 忘れることはない甲子園での2度の敗戦。近田怜王(報徳学園出身)のプレッシャーとの戦い vol.22020年09月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]プレッシャーと戦った1年生の春
[2]苦い経験が残る2度の甲子園

 兵庫が誇る全国区の名門校・報徳学園。「逆転の報徳」の異名で高校野球ファンに親しまれ、広島の若手注目株・小園 海斗岸田 行倫といった現役選手、引退された選手まで見ていくと金村義明氏や清水直行氏など多くのスター選手を輩出した。その中の1人が福岡ソフトバンク、JR西日本でプレーをされた近田 怜王さんだ。

 高校時代は最速145キロを投げ込む本格派左腕として世代を代表する投手として、2008年の夏の甲子園でベスト8進出に大きく貢献。プロからも高い注目を浴びてきた近田さんだが、今回のvol.2では高校時代の苦悩に迫っていく。

前回の記事はこちらから!
最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1

プレッシャーと戦った1年生の春



近田怜王さん

 中学時代に大きな実績を残した近田さん。ここから遂に高校野球の世界へ飛び込んでいくこととなるが、三田シニア入団当初の目標であった横浜から、なぜ報徳学園へ進学を決めたのか。それも兄の存在が関係していた。

 「長男が報徳学園の野球部でやっていましたが、レギュラーにはなれなかったんです。それがあって『兄と同じ高校のユニフォームを着て、甲子園でやりたいと思ったんです』

 近田さんは、兄の想いを背負って憧れの横浜から地元の名門・報徳学園への道を歩むことを決意。中学時代の全国ベスト4の実績は既に知られており、高い注目を浴びる中で報徳学園の門をたたいた近田さんの前に待っていたのは過酷なものだった。

 なかでも中学時代から苦手にしてきたランニングがかなりのモノだった。
「走るのがメインのチームでしたので、入学当初はついていくので必死でしんどかったです。グラウンドの横に200メートルくらいのトラックがあるので、10周を時間測って走ったり、30秒で200メートルを走ったり。時間制限を守らないと本数に数えてもらえないので、同級生には背中を押してもらうこともありました」

 それでもピッチャーとしての高い能力が認められ1年生の春から背番号をもらい、ベンチ入り。そのタイミングで公式戦デビューを飾るなど、即戦力として高い期待が寄せられていたことがわかる。

 1年生春から公式戦出場となれば、注目度はさらに増すが、試合に出ていた近田さんが感じていたことは“怖い”の2文字だった。
「3年生が凄すぎて近づけず、会話もあまりできない中でベンチに入るのも怖かったです。試合でも先輩がマスク被って、連携もまだできていないなかでの登板で怖かったです」

 背番号をもらうことにも「自分がもらっていいのか。そのレベルなのか」と不安を抱えながらも近田さんはベンチに入ってチームに貢献。その時、近畿大会まで勝ち進むことが出来たものの、1回戦・日高戦は近田さんのエラーをきっかけに6対7で敗戦した。

 近田怜王の名前も知られたなかで結果を残せず、3年生にとって残り少ない大事な大会を自分のミスで負けてしまった。1年生ながら葛藤と責任を抱えながら、夏に向けて鍛錬を重ねていった。

 ただ、1年生の夏は肩の怪我の影響でベンチから外れ、ボールボーイとしてチームのサポートへ。この期間にけがをした肩のケアはもちろん、体力づくりなどの基礎トレーニングなど不足していた部分を補う期間に充てた。

【次のページ】 苦い経験が残る2度の甲子園

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第47回 報徳学園(兵庫)編「今もなお名選手、好選手を輩出し続ける報徳学園のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
近田 怜王(報徳学園) 【選手名鑑】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム