第6回 甲子園3試合連続本塁打を放ったスラッガー・原島正光(日大三出身)が甲子園に辿り着くまで vol.12020年04月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球を始めたときから長打力には自信があった
[2]苦しい冬と夏の猛練習を乗り越え、ついに掴んだ甲子園


 21世紀が始まった2001年。この年の甲子園を騒がせたスラッガーがいる。それが日大三の4番として活躍した原島 正光氏だ。センバツでは巨人などで活躍した真田 裕貴(姫路工)から本塁打を放ち、そして2001年夏の甲子園では1回戦から3回戦まで3試合連続で本塁打を放ち、甲子園のファンを沸かせた。20代後半~30代後半の野球ファンから「ヒーロー」という声が多い。そんな原島の軌跡を追った。

野球を始めたときから長打力には自信があった



原島正光(日大三出身)

 東京都奥多摩町出身の原島氏。野球を始めたのは小学校6年生からだ。
「それまでは柔道をやっていたんですが、僕の同級生の大半が野球をやっていて、自分と仲の良い友達もその中にいたので、野球を始めることになりました」
 そして中学に進むと、羽村シニアに所属。ここから恵まれた長打力を発揮するようになり、チームメイトでも頭一つ抜けた存在へ成長。当時について原島氏は「遠くへ飛ばしたい思いで練習をしていたとおもいます」と振り返る。
 そして中学3年、日大三に進んでいた羽村シニアの先輩のすすめから日大三進学を決める。

「当時の自分は甲子園に進みたいからこの強豪校を目指そう!というのは特にありませんでした。
 自分たちのシニアは中学生の時に、近隣の東海大菅生が甲子園に出場していたこともあって、東海大菅生によく進んでいました。

 当時、小倉(全由)監督が就任されたばかりで、その先輩からよい監督だぞということを聞いており、日大三に進もうと思いました。日大三に進んだのは先輩の影響が大きいですね」

 入学すると、同じ東京都でも奥多摩から町田でもかなりの遠方。原島氏は入学から寮に入ることとなった。最初、先輩との寮生活に不安を覚えたものの、2,3年生が優しく、すぐに打ち解けた。また小倉全由監督に覚えてもらうために人一倍声を出して、アピールした原島氏は長打力なども買われて、1年夏からベンチ入り。甲子園出場の際はベンチから外れたが、いきなり貴重な経験を積んだ。

 そして1年秋もベンチ入りするが、一次予選で東亜学園と対戦し、1対3で敗退。当時の東京都の予選の枠組みは一次予選に敗退してしまうと、夏の大会まで公式戦がない。そんな中、原島氏に待ち受けていたのは、冬の強化合宿だった。

【次のページ】 苦しい冬と夏の猛練習を乗り越え、ついに掴んだ甲子園

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
東海大菅生vs日大三【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs二松学舎大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1021回 【秋季東京大会準決勝展望】関東一vs東海大菅生の横綱対決と日大三と二松学舎の好左腕対決は激アツ!【大会展望・総括コラム】
日大三vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs都立小山台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大三vs都立千歳丘【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
原島 正光(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム