第2回 「報徳の名に泥を塗った」屈辱と逆襲を期した3年夏 金村義明氏【後編】2019年12月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「知多半島の公立高校」に完敗で挫折を経験/並みいる強豪を打ち破って全国制覇
[2]契約金をすべて両親に渡す/報徳学園の名前がもっと栄えていて欲しい

 10月18日(金)からスタートした新番組「プロ野球 そこそこ昔ばなし」(Amazon Prime Video)。MCのナイツと進行役の吉田明世アナが、1980年代から1990年代のプロ野球界の裏側にスポットを当て、元プロ野球選手のゲストと共に現役時代の裏話を紹介する人気上昇中のトークバラエティだ。
 番組では、元巨人の槇原寛巳氏が選抜甲子園大会での「報徳学園vs大府」の裏エピソードを紹介するほか、プロ入り後の驚くべき日常のエピソードを笑いを交えて紹介していく。

 また、近鉄バファローズや中日ドラゴンズなどでも活躍した金村義明氏もレギュラーゲストとして毎回出演し、今では考えられないような現役時代の秘話を披露している。

 そして今回は、そんな金村氏に独占インタビューをさせていただいた。後編では全国優勝を果たした高校3年時の思い出から、今なお続く報徳学園の熱い思いについても語っていただいた。まずは番組にもゲストとして出演する、槇原寛巳氏との選抜甲子園での対戦の思い出から辿っていく。

前編はこちらから!
報徳学園に恋焦がれた幼少期を回顧 金村義明氏【前編】

「知多半島の公立高校」に完敗で挫折を経験



金村義明氏

 憧れだった報徳学園のエースになって選抜甲子園にも出場できたのですが、ここで大きな挫折を味わうことになりました。

 選抜の1回戦では槙原寛己がいた愛知の大府と対戦しました。知多半島の公立高校になんか負けるわけないと思っていたのですが、それで見事に負けてピーピーに号泣したんです。
 1回、2回で5点も取られて、報徳学園の歴史でも当時1回戦負けは初めてでした。

 監督からはお前のせいで負けた、お前のひとり相撲で負けたと言われて、全国に名を轟かせている報徳の名に泥を塗ったとまで言われました。
 それはもう屈辱でね、春は挫折を経験しました。

 あとはもう夏しかありません。6年間も私学に入れさせてもらいましたが、もう最後の大会になるので、何としても夏の甲子園では勝ち進みたいと思いました。

 夏は予選だけでも7回も勝たなければいけません。1、2回戦くらいは僕がでなくても勝てますが、誰にもマウンドを譲りたくなかったんです。監督は背番号10や11番の選手も使おうとしましたが、僕はそれを拒否して投げ続けてました。
こうして最後の夏は兵庫県大会で優勝して、甲子園に行くことができました。

並みいる強豪を打ち破って全国制覇

 夏の甲子園では見事優勝を果たすことができましたが、あれよあれよで奇跡的な優勝でした。

 1回戦の盛岡工を無事に突破すると、2回戦は前年度優勝の横浜で、次も荒木大輔がいる早稲田実業です。そして準決勝でも工藤公康のいた名古屋電気(現:愛工大名電)。優勝候補ばかりと当たったんです。

 選抜は1回戦で大府に敗れましたが、エースの槙原寛己からたまたまホームランを打ったんです。バッティング練習なんてしたこともないのに。

 高校野球の雑誌には隠れたナンバーワン打者だと扱われたんで、夏に向けてもバッティングを鍛えました。その甲斐もあってか夏は打率が5割を超えて、ピッチャーとしても防御率は1点台で。
 投打でチームを引っ張って、奇跡的に甲子園で優勝して人生のピークを迎えましたね。(笑)

【次のページ】 契約金をすべて両親に渡す

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
報徳学園 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム