第12回 「右の大砲候補を」スポーツライター・小関順二さんがオリックスのドラフトを予想!2019年10月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今夜も始まりました!スポーツライター・小関順二さんと高校野球ドットコム・河嶋副編集長による12球団分析ドラフト予想。

  10月17日に控えたドラフト会議を前に、ドラフト専門記者の小関順二氏に、各球団ごとに今年のドラフト予想をしていただいた。
 それぞれの補強ポイントを整理すると共に、どの選手を指名するのか、球団の台所事情を踏まえて解説していく。今回はオリックス・バファローズ編をお届けしたい。

6位 オリックス・バファローズ
〈勝-敗-分〉61-75-7
〈勝率〉.449
〈打率〉.242
〈防御率〉4.05

★補強ポイント:右のスラッガー候補

【補強ポイント】
小関:野手の指名が急務でしょう。投手は山岡や山本などスケールもあるし若さもあり、非常にいい状態と言えます。野手は吉田正尚だけなので、野手の上位指名が予想されます。

 そこで、小関さんがおススメの選手として挙げたのが以下の通り。

森下 暢仁(明治大)投手
石川 昂弥東邦)内野手
井上 広大履正社)外野手
紅林 弘太郎駿河総合)内野手

小関:一位は完成度の高い森下で行くのではないでしょうか。投手の育成には非常に定評のあるオリックスでやれば、球界を代表する投手になれる可能性は十分にあります。右のスラッガー候補として履正社の井上に行くのではないでしょうか。

◆出演者◆
 小関 順二さん スポーツライター
 河嶋 宗一   高校野球ドットコム副編集長
 栗崎 祐太朗  司会

すべてのドラフト情報が集まる、ドラフト特設サイトはこちら
プロ野球2019ドラフト特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第242回 U-18代表の横山、鵜沼が筆頭!厳選外野手18名リスト【ドラフト特集コラム】
第241回 2020年世代を引っ張る捕手・内野手は?世代ナンバーワンショート・土田など27名の逸材を一挙掲載!【ドラフト特集コラム】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
第1062回 韮澤雄也(花咲徳栄) 仲間に支えられ、ともに駆け抜けた最後の夏【前編】 【2019年インタビュー】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム