目次

[1]大会を通じて成長を重ねてきた
[2]ゆとりを持って戦えた国士舘戦

 国士舘との死闘を制して決勝戦へと駒を進めた佼成学園。毎年、西東京の実力校の1つとして注目を浴び続けているが、今年は違う。初戦で昨夏の西東京王者・國學院久我山を下し、準々決勝では日大三、そして準決勝の国士舘と厳しい戦いを制しての決勝進出。

 ここまでの道のりには何があったのか。国士舘戦後の取材で話を聞いて紐解いていきたい。

大会を通じて成長を重ねてきた


 「国士舘戦のような展開は我慢することが出来ないチームでしたが、國學院久我山戦から大会が始まって、1点差の試合を我慢して勝ったり、日大三で一番厳しい試合をやって我慢が出来るようになったと思います」

 新チームスタート時と今回の大会を通じての成長点を佼成学園の藤田直毅監督はこのように分析した。國學院久我山日大三、そして国士舘を倒して破竹の勢いで決勝戦まで勝ち上がった佼成学園だが、大会を通じて多くの接戦を勝利に結びつけてきたことでチームそのものに粘り強さが出てきた。そこの成長が今大会の躍進の大きなポイントとなっていたのだ。

 また投手陣の台頭、そして日大三戦が佼成学園の躍進を支えていることを藤田監督は感じている。
 「自粛期間はオンラインでの日誌のやり取りなどをしていましたが、追い込むことは難しいと考えていました。しかし選手それぞれが自立してしっかり練習をしてくれていました。特に投手陣の台頭が大きいですね。国士舘戦のように前野 唯斗を途中で挟むなんて前はできませんでした。それまでであれば、森志恩のあとはすぐに平澤 燎でした。そこに前野が入ったおかげで投手陣は余裕をもって回せるようになりました」

 森、平澤の2本柱に前野が加わったことで、今大会は投手層に厚みが生まれ、試合の中でも守備からリズムを作り、余裕をもって戦える状態になった。主将である小柴滉樹も「森、平澤は体が大きくなっただけではなく、低めへの制球力に関する意識が高くなりました」と成長を感じ取りつつ、その投手陣を中心とした守備から流れを作り、攻撃でチャンスをモノにできていることが決勝進出に繋がっていると考えている。

 そして日大三との戦いもチームに良い影響を与えていた。
 「日大三との戦いの中で、大事な課題をもらったと思うんです。あの試合ではエースの児玉 悠紀のスライダーを空振りすることが多かったのですし、彼以上に良い左投手はいないと思うんです。そういったところでの経験と日大三に勝てたことは選手たちも自信をことができました」

 大会を通じて得た反省、経験をチーム内で還元して成長に繋げたことが、決勝進出までの道を切り開いた。