第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】2020年01月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]神宮第二球場ならではの清宮シフト
[2]東京五輪を契機に建てられ東京五輪を契機に取り壊される

東京五輪を契機に建てられ東京五輪を契機に取り壊される



人工芝であったが、一部劣化している部分もあった

 神宮第二球場は、相撲場があった所に1961年に建てられた。1964年の東京五輪は、明治神宮外苑に変化をもたらせていた。

 東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)は、本境地としていた駒沢球場が東京五輪の会場整備のため立ち退きを迫られた。そこで神宮球場を使用するようになり、1962年にプロ野球のナイターも可能なように、夜間照明設備が設置された。

 第二球場が誕生したのは、そうした時代であった。完成当時、後楽園球場を本拠地としていた国鉄(現東京ヤクルト)スワローズが、第二球場を拡張して本拠地とする話もあった。結局ヤクルトは64年から神宮球場を本拠地として、東映は後楽園球場を本拠地とするようになったので、第二球場は学生野球専用の球場になった。

 73年に一塁側にゴルフ練習場が設置され、世にも不思議な球場になった。もっとも高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場にもかつてはゴルフ練習場があり、試合に来た外国のチームを驚かせた。

 神宮球場は82年から人工芝になっていたが、第二球場も93年から人工芝になり、多少は球場らしくなった。

 かつては何とも思わなかったが、時代の流れとともに愛着が出てきたのが黒い、手書きのスコアボードであった。



手書きのスコアボードも特徴の1つだった

 昔はどの球場も手書きであったが、70年に後楽園球場が電光掲示式を導入。横浜、西武と、70年代に作られた球場が電光掲示式を導入したことなどで電光掲示式が広がり、神宮球場も80年から電光掲示式になった。

 まさに昭和から平成に移る時代の中で、スコアボードは電光掲示式が主流になっていった。そして、令和に残った数少ない手書きであった第二球場のスコアボードも、役目を終えることになった。

 選手の交代などに迅速に対応するには、電光掲示式がいいに決まっている。それでも、手書きの文字は一種の職人芸であり、何とも言えない味わいがあっただけに、なくなるのは惜しい気がする。

 神宮第二球場も近年は、人工芝の劣化が激しく、球場の中も雨漏りをする所があった。さらに2014年からは東都大学野球の2部の試合も行われなくなり、明治神宮大会も、神宮球場のみでの開催になったため、第二球場で野球をするのは東京の高校野球だけになっていた。

 そのため、ほとんど補修もされず、いつまで持つのかなと思っていたが、ついに球場として歴史に幕を閉じた。名残惜しさはあるが、ここまでよく持ちこたえたなという思いもある。

 東京五輪後は解体され、ラグビー場を移転する予定になっている。まさに東京五輪に生まれ、東京五輪に役目を終えたわけだ。

 ラグビー場の場所に神宮球場を移転するという計画もあるが、神宮球場は西欧式のモダンな外観をはじめ、日本の近代スポーツの黎明期の貴重な遺産である。使い勝手の悪さはあるものの、保存するべきだと私は思う。

(文=大島 裕史)

関連記事はこちらから!
バックナンバー 東京の高校野球 記事一覧【コラム】
前編を読む⇒神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】
2020年の東京都高校野球を占う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
試合で役立つメンタルマネジメント
岩倉 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム