目次

[1]神宮第二球場ならではの清宮シフト
[2]東京五輪を契機に建てられ東京五輪を契機に取り壊される

 2019年11月3日、帝京日大三の試合を最後に幕を下ろした神宮第二球場。東京の高校野球を支え続けた球場が終わりを告げたが、今回はそんな神宮第二球場にスポットを当てて、その特徴や東京担当・大島裕史の神宮第二球場への思い出、さらには監督たちの言葉を交えながら振り返っていく。

 後編では活躍した名選手や、球場が誕生してからの歴史を触れていく。

前編はこちらから!
神宮第二球場の思い出 ~東京砂漠のような異空間は掛け持ちができる特別な場所だった~【前編】

神宮第二球場ならではの清宮シフト


 神宮第二球場は、東京都の高校野球だけでなく、明治神宮大会の高校の部でも長く使われたため、多くの名選手がこの球場でプレーしている。

 投手で一番印象に残っているのは、横浜高校時代の松坂 大輔だ。松坂の投球は、横浜スタジアムや甲子園、プロに入ってからも様々な球場で観ているが、神宮第二球場で観た時の衝撃は忘れられない。観客との距離が近いため、間近で観た松坂の速球は、迫力満点であった。

 小さい球場であるため、本塁打はよく出た。星稜時代の松井 秀喜もこの球場でプレーしているが、打者では記憶も新しいところで、早稲田実業清宮 幸太郎であろう。高校通算111本の本塁打のうち、第1号も神宮第二球場で放っている。

 各校とも清宮対策を練っていたが、中でも奇抜であったのが、清宮が3年生の春に対戦した岩倉だった。内野手を全体的に右に寄せたうえに、中堅手を二塁手と遊撃手の間に守らせ、外野手を2人にする清宮シフトを敷いた。

 岩倉の豊田浩之監督は、神宮第二球場の場合、外野に上がったら、そのまま本塁打になる。むしろゴロが内野の間を抜けるのを防ぐため、こうしたシフトを敷いたという趣旨の発言をしている。狭い神宮第二球場ならではの作戦であった。

 神宮第二球場は2部の試合を中心に、東都大学野球でも使われていたため、東都大学野球出身の監督は、こうした神宮第二球場の特性に応じた野球をする人が多かった。



神宮第二最後の日に対戦した前田三夫監督率いる帝京と小倉全由監督率いる日大三

 神宮第二球場では数々の名勝負が繰り広げられたが、レベルの高さも加味すれば、2009年の秋季都大会の準決勝の帝京日大三の試合が一番印象に残っている。

 帝京の先発は伊藤 拓郎日大三山崎 福也と当時の高校球界を代表する投手で、5対4の接戦で帝京が勝った。日大三は準決勝敗退ながら翌年のセンバツに出場し、準優勝。帝京は準々決勝まで勝ち進んだ。

 日大三の小倉全由監督が関東一の監督時代も含め帝京の前田三夫監督に挑む構図は、東京の高校野球を熱くした。神宮第二球場最後の試合が、この両監督の対戦になり、記憶に残る好ゲームになったことは、運命的ですらあった。

 名前が浮かんでくるのはどうしても強豪校になるが、注目選手のいないチームの試合でも、感動することは多かった。応援席とグラウンドの選手の距離が近く、必死さの共有が伝わってくるからだ。ベンチの上のスペースは、応援をする立場になった野球部員の晴れ舞台でもあった。