第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!2019年12月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]神宮第二球場時代が終わり、時代の節目
[2]新時代の予感

 東京都の高校野球を漢字一文字で表すなら、私は「転」ではないかと思う。

神宮第二球場時代が終わり、時代の節目



神宮第二ラストゲームの指揮を執った帝京・前田三夫監督と日大三・小倉全由監督

 春季都大会が開幕した4月1日、新元号の「令和」が発表された。
 元号が変わり、夏の高校野球も第101回。新時代の空気が漂っていた。

 創価は5月から髪形を自由にした。その理由について片桐哲郎監督は、「元号も令和の時代になったことですし、自覚を持たせる意味からも踏み切りました」と語る。

 気持ちを新たにというのは、創価に限ったことではない。そうした時代の転換点であることを最も感じたのは、神宮第二球場時代の終焉であろう。

 1961年に完成して以来、神宮第二球場は東京の高校野球の主要球場であり、春、秋の都大会では大会本部になっていた。
 秋季都大会の準々決勝の帝京日大三の試合を最後に、この球場での試合を観ることができなくなったこと対して、一つの時代が終わる寂しさを感じた人も多かったはずだ。

 その一方で、都営球場にしてはあまりに小規模であった駒沢球場がリニューアルし、約3000人を収容できるようになった。来年は試合数も増えるだろう。
 ただ気になるのは、鳴り物の応援が禁止されていることだ。近隣への配慮も理解できるが、今ではブラバン応援も高校野球の一部になっている。鳴り物を使用できる時間を決めるなどして、緩める余地はないのだろうか。

【次のページ】  新時代の予感

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1078回 赤坂諒(上野学園) 最速151キロの剛腕は友達想い?!速球派右腕の思考に迫る【前編】 【2019年インタビュー】
創価vs日大二【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
赤坂 諒(上野学園) 【選手名鑑】
上野学園 【高校別データ】
共栄学園 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東京実 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム