第3回 これぞ球史に残る一戦! 東京 2019年ベストゲームは名門校同士の一戦!2019年12月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]群雄割拠、好ゲームの多かった1年/神宮第二球場、最後の日は来た
[2]フィナーレを飾った球史に残る一戦

群雄割拠、好ゲームの多かった1年



神宮第二球場最終戦の試合前、東京都高野連より挨拶が行われた

 この1年、春季都大会の優勝は東海大菅生、準優勝は国士舘、東東京大会の優勝は関東一、準優勝は都立小山台、西東京大会の優勝は國學院久我山、準優勝は創価、秋季都大会の優勝は国士舘、準優勝は帝京と、東京都高校野球連盟主催の公式戦の決勝進出チームは7校になる。

 東東京大会の8強のうち5校はノーシードで、西東京大会でも3校はノーシードといったように、群雄割拠の1年であった。

 こうした混戦模様を反映して、どの大会も序盤から好ゲームが多かった。

 中でも平成最後の大会となった春季都大会では、結局東西東京の代表として甲子園に行くことになる関東一國學院久我山の延長戦の熱闘、終盤の逆転が圧巻だった都立小山台早稲田実業の一戦、それに最後は主将の石田 隆成のサヨナラ打で決着した東海大菅生国士舘の決勝戦などは、強く印象に残っている。

 夏の大会では、3日連続で登板した後、中1日の登板にもかかわらず、150キロ近い速球で修徳を抑えた上野学園赤坂 諒の力投、宮崎 恭輔のサヨナラ満塁本塁打で決着した國學院久我山早稲田実業の一戦をはじめ、目を離せない熱戦が数多くあった。

 好ゲームの多かった1年であるが、ベストゲームとなると、秋季都大会の準々決勝の帝京日大三の試合になるだろう。

神宮第二球場、最後の日は来た



帝京勝利の瞬間

 1961年の完成とともに東京の高校野球の主要舞台であった神宮第二球場は、秋季都大会の準々決勝を最後に球場としての歴史に幕を閉じることになった。
 その最後の試合が、前田三夫監督率いる帝京と、小倉全由監督率いる日大三という、まるで仕組んだかのような好カードになった。

 もちろん各校の代表が抽選した結果であり、帝京関東一など、日大三東海大菅生などの強豪を倒しての準々決勝進出であり、運命とも言える一戦であった。

 帝京との対戦が決まり、日大三の小倉監督は、「前田さんに強くしてもらった。前田さんと試合ができるのは、嬉しいことです」と語っている。
 1980年代から激しい戦いを繰り広げている両雄の激突である。

 試合当日、早朝から大勢の高校野球ファンが詰めかけ、スタンドは超満員の観客で埋まった。
 そして試合開始前には東京都高校野球連盟の役員がグラウンドに整列し、堀内正会長や武井克時専務理事があいさつし、この球場の最後の試合であることを告げた。

【次のページ】  フィナーレを飾った球史に残る一戦

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佼成学園vs日大三【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
二松学舎大附vs上野学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
創価vs世田谷学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
帝京vs成城【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
関東一vs立正大立正【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1029回 「感謝」を掲げて大会に臨む創価。持ち味の守備力を取り戻して東京の頂点狙う【野球部訪問】
第1227回 創価の146キロ右腕・森畑侑大は「6番手投手」からいかにして都内屈指の本格派に成長したか 【2020年インタビュー】
第1029回 昨夏甲子園ベスト8から1年。どんな時でも「関東一野球」は生き続けている【野球部訪問】
第1224回 右打者として歴代でもトップクラス。高校通算23本塁打・重政拓夢(関東一)が目指すは東京王者 【2020年インタビュー】
第1225回 投手本格専念は高校から。関東一の最速137キロ左腕・今村拓哉の決意「自分の個性を発揮したい」 【2020年インタビュー】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
赤坂 諒(上野学園) 【選手名鑑】
石田 隆成(東海大菅生) 【選手名鑑】
伊藤 翔(金沢桜丘) 【選手名鑑】
伊藤 翔(横芝敬愛) 【選手名鑑】
伊藤 翔(日大三) 【選手名鑑】
伊藤 翔(佐野日大) 【選手名鑑】
尾瀬 雄大(帝京) 【選手名鑑】
加田 拓哉(帝京) 【選手名鑑】
熊倉 幹太(日大三) 【選手名鑑】
児玉 悠紀(日大三) 【選手名鑑】
田代 涼太(帝京) 【選手名鑑】
宮崎 恭輔(國學院久我山) 【選手名鑑】
武者 倫太郎(帝京) 【選手名鑑】
武藤 闘夢(帝京) 【選手名鑑】
柳舘 憲吾(日大三) 【選手名鑑】
渡辺 凌矢(日大三) 【選手名鑑】
上野学園 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム