第2回 全国トップレベル!走攻守の3拍子が揃った遊撃手・土田龍空(近江)2019年10月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

走攻守の3拍子が揃った遊撃手・土田龍空(近江)



土田龍空(近江)

 走攻守の3拍子が揃った遊撃手。滋賀の名門・近江で1年夏からレギュラーを掴むと、甲子園でも攻守に1年生離れしたプレーを見せ、17年ぶりの8強入りに貢献した。

 打撃面では広角に長打を打ち分けることができる。秋の滋賀大会終了時点で高校通算20本塁打を放っているが、どちらかといえば、外野の間を抜く打球が持ち味。50m走が6.1秒という俊足を生かして、三塁打を量産している。

 守備面ではフットワークの軽さと流れるようなグラブ捌きが持ち味。1年秋の時点でシートノックの動きでは同校の先輩である植田 海(阪神)の高校3年時と遜色ない動きを見せていた。投手の配球に合わせて適切なポジショニングをとれる打球感の良さを持ち合わせており、ヒット性の打球でも正面に入ってアウトを取る場面も珍しくない。堅実さよりも華やかさが目立つタイプの選手だが、今夏の甲子園での2失策は予想外。本来の実力はこんなものではないはずだ。

 新チームでは主将に就任し、秋の滋賀大会では1番・遊撃手としてチームを牽引。決勝の立命館守山戦では2本の三塁打を含む3安打2打点の活躍で優勝に大きく貢献した。19日に開幕する近畿大会でもチームの顔としての活躍が期待されている。

(記事・馬場 遼)

関連記事はこちらから!
02年世代は野手豊作世代だ!プロ入りした先輩たちを凌駕する可能性を持ったスラッガーとショートストップたち【前編】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs立命館守山【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第90回 決勝ではU-18代表の林優樹と投げ合い!プロ注目・吉田力聖(光泉)の魅力【高校野球コラム】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1回 林 優樹(近江) ただ1人の技巧派左腕。分っていても打てない投球術に注目!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs近江【第101回全国高等学校野球選手権大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
近江兄弟社vs長浜北星【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
第770回 甲子園3度出場の北村恵吾(近江)の土台となったケガと経験 【2018年インタビュー】
土田 龍空(近江) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム