• トップ
  • コラム
  • 沖縄の高校野球
  • 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】

第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】2020年05月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3人の甲子園出場監督と沖縄の高校野球記者が意見交換座談会
[2]大事なのは知恵を絞ること

3人の甲子園出場監督と沖縄の高校野球記者が意見交換座談会



興南・我喜屋優監督

 全国的に、新型コロナウイルスがまだ収束していない中、沖縄県では16日連続感染者ゼロの朗報が続く。その中、多くのスポーツ新聞が出した「夏の甲子園中止へ」の見出し。20日正式発表という小見出しをしているものの、全国の球児たちの多くが動揺を覚えたのではないだろうか。

 日本高野連事務局長小倉氏は「何もこちらから発言していない」とし、各都道府県の高校野球連盟にも「報道について、連盟から発信した事実はない」とメールにて連絡。 一部の評論家から「結論を出すのはまだ先の方がいいのでは?」という意見も出ている。

 全国で唯一、春の公式戦を開催したのが沖縄県だ。感染対策を徹底した上で、無観客試合を行った結果、選手はもちろん高校野球関係者がコロナウイルスに感染したという情報は一切出て来ていない。

 各都道府県で、コロナの感染拡大に差があるのは重々承知しているが、中止ありきで議論を進めるのなら、その議論は何の意味もなさないのではないか。6月中旬まで待って、その中でコロナウイルスが暴れているようなら、そこで夏の甲子園中止を決定しても、遅くはない。

 沖縄県の高校野球監督を代表する我喜屋優氏をはじめ、3人の甲子園出場監督に加え、長く沖縄の高校野球を取材してきて精通している2人のメディアが揃い意見交換座談会を開催。沖縄からの声を、お届けしたい。

◆意見交換座談会メンバー
我喜屋優(興南高校野球部監督)
神谷嘉宗(美里工高校野球部監督)
眞玉橋元博(糸満高校野球部部長)
棚原勝也(琉球朝日放送)
我喜屋あかね(沖縄タイムス)
當山雅通(高校野球ドットコム沖縄担当)

【次のページ】 大事なのは知恵を絞ること

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
未来沖縄vs美里工【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
美里工vs中部商【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第114回 諦めない限り、夢は続く 沖縄の名将たちが球児へあらゆる形でメッセージを送り続ける【高校野球コラム】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
沖縄工vs糸満【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
糸満 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
コメント (1)
甲子園2020.05.19 I❤️ 高校野球(^^)
甲子園で夏の高校野球を❗

やって欲シーサー\(^^)/

ただ…

万が一「コロナの感染者」が出たらどう対応しするとか、

「アフターコロナ」の対応(プラン)も明確にしないとね❗

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム