第9回 「沖縄強し」を印象づけた語り継がれるベストゲーム2019年12月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]甲子園の魔物が県勢初優勝を押しとどめた
[2]打倒栽!二人の名将の誕生

 1999年、選抜高等学校野球大会で沖縄尚学高校が初優勝。その後、2008年に沖縄尚学高校が二度目のV。その僅か2年後の2010年、興南高校が史上6校目となる甲子園春夏連覇を達成。「沖縄の高校は強い」と、全国に知らしめた。

 改めて沖縄の高校野球が、どのように強さを増していったのか。県民悲願だった甲子園での優勝。
 一方で2015年以降、甲子園で勝てなくなった理由など。高校の先生たちの意見も載せつつ、沖縄県高校野球史を振り返ってみたいと思う。

 今回は1990年での出来事を紹介していく。

これまでの連載
野球後進県だった沖縄はいかにして強豪県に成長したのか?

甲子園の魔物が県勢初優勝を押しとどめた



沖縄水産 ※写真はイメージ

 当時の西銘知事が甲子園へ駆け付けたほどの熱気に包まれた奈良県天理高校戦で今でもかたりつがれるのが、9回のレフト線への当たりであろう。

 筆者もテレビを通して観ており、あの打球を見ていた周りの人たちと共に「ヨッシャー!同点!」と一喜し、直後に捕球され一憂したのを忘れることは出来ない。そのくらい、県民みんな悔しかった一球だ。

 あの場面。グラウンドにいた者にしか分からない状況を紹介しよう。語ってくれたのは新里紹也氏だ。

 「沖縄水産は沖縄中のトッププレイヤーだけが集まっていた。9番打者でも十分ホームランが狙える。そのくらい質が高い選手たち。打席にはその9番横峯が入った。僕は、ネクストバッターズサークルで全体を見ていた。次の瞬間、向こうの監督さんが、『外野!前進守備!』と指示を出している。僕は内心ヨシッ!と思った。横峯なら、十分外野の頭を越える当たりが打てるからだ。でも、ベンチからの声がかき消されたのか?レフトだけが前進守備をしていなかった。そこへおあつらえ向きの内角が来た。

 横峯が振り切った瞬間、やったと思った。でも普通なら浜風で左に流れる風が、この日は台風の影響で逆に吹いていた。さらに前進していなかったレフト。彼が走った場所に、まるでピンポイントに戻ってくる打球。あれが甲子園の魔物と言うのかな。一つでもこちら側の期待に添えていたなら、絶対に長打になっていた。それが全て向こうの思いに叶うように運んだ。これが、あの最後のレフト線アウトの全貌です。」

 悔しい準優勝だったが、初めての準優勝。閉会式で挨拶した当時の日本高野連会長である牧野氏が「沖縄水産の華々しい戦いぶりを、高い空から微笑んでいる方がいらっしゃいます。」と語った。もちろん故佐伯氏のことだ。

【次のページ】 打倒栽!二人の名将の誕生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第108回 新体制でスタートを切る横浜はドラフト候補集団【高校野球コラム】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
美里工vs前原【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1015回 意外と見落とされがちな投手のフィールディング。プロ志望投手必見の興南の超効率的な守備練習!【後編】【野球部訪問】
第1015回 2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】【野球部訪問】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
岩倉 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
鹿児島商工 【高校別データ】
熊本工 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
前原 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム